ラテラルシンキングがあれば転職は楽勝?

「あの企業、ラテラルシンキングをものすごく重視するんだって」
ラテラルシンキングについて、君はどう思う?ロジカルシンキングとどう組み合わせれば良いかな?」
ラテラルシンキングさえうまく出来れば、将来的にものすごくキャリアアップ出来そうだよね」

あなたはこんな「ラテラルシンキング」というワードを聞いたことはありませんか?

ビジネスシーンではこの「ラテラルシンキング」は最近良く聞く言葉です。

今回の記事ではこの
ラテラルシンキング」について解説いたしますね。

ラテラルシンキングって何?ビジネスシーンでの意味は

ラテラルシンキング】とは
「こうである」「こうあるはず」という前提をなくして、様々な可能性を発想を広げる思考法です。
また、ラテラルシンキングは水平方向の思考とも言われ、ロジック【理屈・理路】をベースとするロジカルシンキングの対義語としても登場します。

ラテラルシンキングは、ザックリ言えば理屈にとらわれず、柔軟な考え方をすることなんですね。

特にエンターテインメントでラテラルシンキングで話題になったのは「ウミガメのスープ」という水平線思考クイズと言われるゲームです。

イエスかノーかで答えられる質問をもとに、真実を見つけるウミガメのスープは非常に分かりやすく水平思考を学べるので、ぜひトライしてみてくださいね。

ラテラルシンキングのメリットは?

ラテラルシンキングはゲームの中だけではなく、ビジネスシーンでも有効と言われています。柔軟な考え方が出来れば、現状を打破したり、問題を解決する糸口になるためですね。

例えば有名なラテラルシンキングを用いた「オレンジ」の問題といえば、

Q.13個のオレンジを3人の子どもに均等に分けるにはどうすればいい?

さて、あなたが当事者なら、どう配りますか?正解は無数にあります。たとえば、

A.ひとり4個ずつ配って、残りを3人分に切り分ける

A.全てジュースにしてしまってから均等にはかって分ける

A.、ひとり4個ずつ配って、残りの1つを地面に植えて実ったオレンジを均等に分ける

いかがですか?

こんなに答えの幅があるなんて驚きです。もちろん、まだまだ答えの例はあるので、ほんの一部ですよ!

難しく聞こえるラテラルシンキングですが、このオレンジ問題に置き換えれば、どんなものか理解がしやすいですよね。あなたも身近な問題を、ラテラルシンキングを使って解決出来るかもしれません。

ラテラルシンキングのある企業は楽しいかも…これからの環境を変えたいならキャリサポ

ラテラルシンキングが出来る人材を求める企業は多いです。

ラテラルシンキングを用いて、斬新な商品や新しい発想のサービスを作り、社会に貢献することも出来ますよね。

さらに大きな目で身えば、現状の抱える問題をラテラルシンキングによって解決することが出来れば、これまで見落とされ社会のムダを無くすなど、社会にとって良い結果をもたらすことができよりよい暮らしにも繋がります。

もしあなたが、これからの将来や、理想のキャリアのためにラテラルシンキングを取り入れた企業を目指したい!と考えた場合、現職でチャレンジするだけではなく新しい環境に踏み出すことも大切です。

もしくは、同じ職業・業種でもラテラルシンキングの観点で全く新しいアプローチや楽しさ・やりがいを見つけることが出来るかもしれませんよ。

キャリサポは20代・30代に特化した転職エージェントです。
もしあなたが現状のキャリアやキャリアアップ、職場でラテラルシンキングを取り入れたり、ラテラルシンキングを活かした環境に転職を考えているとしたら
まずはキャリサポにご相談ください。

web面談や無料カウンセリング時に履歴書と職務履歴書を提示していただけると
即日でも案内可能案件もありますのでお気軽にご相談ください。

あなたのご連絡をお待ちしております。

⇒1万人以上の選考対策実績の転職エージェントを詳しく見てみる

 
最新の記事を見る