快適に働くには何を諦めるべき?正解は…

 
 
 
就職・転職を考える上で、希望する企業の「福利厚生」は気になるポイントですよね。
長く働くなら、色々な手当の充実した企業で働きたいもの。
つまり、「福利厚生」ですね!
 
福利厚生というと、有給休暇が取れたり、
交通費を会社が負担したり、社員食堂があったり
自由に使えるウォーターサーバーがあったりと
在宅勤務にはない魅力がありますよね!
 
でも、そうは言っても、入社前には福利厚生について詳しく知ることって難しくないですか?
 

今更聞けない!福利厚生ってこういうこと

働くこと、企業のブランディングや理念に基づいて、社員の生産性や労働意欲を
より高めるために重要な役割を担うものが福利厚生です。
 
もしも、今すぐあなたが転職・就職活動で
自分にマッチングする方向性から知りたいと感じたら、まずはそもそも福利厚生がなんなのか、詳しく知る必要があります。
 
話は戻りますが、つまり簡単に言うと会社が自社の社員の
労働力を確保するための取り組みです。
 
 
日本で最も古い福利厚生は社員が安定して働くことが出来るように
宿舎や寮、社員食堂などを提供していました。
 
現在では2つの福利厚生
明確に分けられていることを知っていますか?
 

2種類ある?福利厚生のカテゴリーは

 
福利厚生には
法定福利厚生と法定外福利厚生という2つの種類があります。
 
法定福利厚生
企業に入社した際に自動的に加入する
保証制度なので、ほぼ社会保険といえるくらい
従業員に与えられた権利です。
 
◆法定福利厚生の定めるもの
 
・雇用保険
・健康保険
・介護保険
・労災保険
・厚生年金保険
 
そして、
法定外福利厚生
自社によって社員に提供するものです。
例えば、
 
・住宅手当
・交通費
・家族手当
 
などがあげられます。
 
さらに、自社だけではなく
外部のサービス機関に依頼して
宿泊・旅行・健康増進
育児・介護支援・自己啓発セミナー開催、
スポーツ大会開催等々…
 
このように従業員が快適に働けるように様々な特典のように福利厚生を取り入れています。
 
しかし、法定外福利厚生は企業による自社の取り組みなので、
コスト削減のためにしばしば見直しが求められ、療養所の維持や事務手続きが困難なため、
突如撤廃されてしまうということも忘れてはいけないポイントです!
 
ところが、近年では社員を確保するため、というより、
「企業がより優秀な人材」を求め、他社に優秀な人材を引き抜かれないようにするために有効な手段として福利厚生を押し出す企業も目立ってきました。
福利厚生が充実していないことはショックですが、、、スタッフの頑張りによって改善されたり、追加された!なんて体験談もあるので、諦めないことも重要ですね!
 
「こんなのある?」と思える世界の福利厚生についてはここからすぐにチェックしてくださいね。↓↓↓
 
 
そして、あなたにとって理想の福利厚生を手に入れるためにもリサーチと合わせてキャリアカウンセラーに相談することもおススメです。
今日からでも転職活動のアクションをスタートさせてくださいね!
 
 
 
最新の記事を見る