15時のおやつがビジネスシーンで効果的な理由

15時になると小腹が空きませんか?
12時や13時にお昼ご飯を食べてから、集中して仕事をしていると
デスクワーカーでも意外とカロリーを消費します。
あなたも自分が座っている時にどれだけカロリーを消費するか気になったことはありませんか?

実は、この消費カロリーを導き出す数式があるんです!

★デスクワークの消費カロリーは?数式はコレ

消費カロリーは
体重と運動時間、そして何もしていないカロリー(METS/メッツ)を
1.05の数字を掛け合わせた数値で測ることが出来ます。

つまり、
あなたの体重×運動時間×METS×1.05=消費するカロリー
という意外とカンタンな数式ですね!

ちなみに、何もしていないカロリー(METS)は基本的に

■本当に何もしていない時⇒1

■デスクワークをしている⇒1.5

この数字で表していますよ。

例えばあなたはの体重が70キロなら、

70×(デスクワーク時間)×1.5×1.05=消費するカロリー という計算になるわけです。

この計算によると、5時間のデスクワークの消費カロリーは約551カロリーとなりました。
あなたもぜひ計算してみてくださいね。

★集中力アップのためのおやつが有効な理由は?

さて、デスクワークでもカロリーを消費することが分かりました。
実際、仕事の閑散期やオフシーズンでタスクが少ない時でも「全くお腹が空かない」
なんてことはありませんよね?

私たちの身体は健康を維持するために、呼吸をしているだけでもカロリーを消費しているのです。
年齢は上がるにつれ、太りやすくなるものなのでダイエットや食事制限もヘルスケアの観点で大切です。
ですが、あまりに空腹状態だと気持ちも作業効率も下がってしまいます。

そこで取り入れてほしいのが、15時のおやつです。

集中力が途切れ始める15時に適度なおやつ休憩を取ることで、脳が活性化したり、ストレスからリラックする実感が得られるって知ってますか?
ですが、食べ過ぎたりおかしの種類によっては逆に血糖値を上げ過ぎて
眠気や怠さを引き起こす可能性も否めません。。。

15時のおやつはどんなものは有効だと思いますか??

迷ったらコレ!オススメの15時のおやつ

・ナッツ

アーモンドやクルミ、カシューナッツなど、ローストされて小分けにされているもの。
ビタミン類やカルシウムが豊富な上、糖質も低いのでダイエット中で安心のおやつです。
ですが、お腹が空いているからといって食べ過ぎは禁物です。
ナッツ類は脂質が多いので、カロリーオーバーにならないように大袋ではなく、必ず小分け袋のナッツを選んでくださいね。

・チョコレート

冬場は手に取りやすいチョコレート。
個包装もされているので、気分転換に丁度良いですよね。
さらに、アーモンドチョコレートなどナッツ入りのものは栄養価が高まったり、
歯ごたえがプラスされて気分転換になります。

ただし、やはり甘さの強いミルクチョコレートやホワイトチョコレートはカロリーや脂質、糖質が高いおやつになります。
摂り過ぎは眠気を招いて余計集中出来ない…なんてことにもなりかねませんので、ブラックチョコレートにしたり消費カロリーに応じて個数を制限してください。

・ゆで卵や味玉

おやつはスイーツだけとは限りません。
ゆで卵や味玉は良質のたんぱく質なので、食後に血糖値が高くなりにくく、満足感も高い食品です。
殻付きだと持ち運びも楽なので、ダイエットや筋トレをしていなくても積極的に摂りたいもの。

・ラムネ

ブドウ糖で構成されるおやつの代表がラムネです。
脳が喜ぶブドウ糖は素早く低血糖を防ぐ働きが期待出来ます。
瓶型のラムネは1個でもカロリーはそれほど高くない上にデスクでも食べやすい・コンビニでも購入出来るという嬉しいメリットがあります。
「お腹が空いて力が入らない…」という状態になってもお守りかわりにもなるので、バッグやデスクに忍ばせてもよいかもしれません。

集中力アップのつもりが台無しになる!?NGおやつは…

甘いものを食べてエネルギーを補給したい!と思っても、ハイカロリーな食べ物は逆に集中力を低下させて作業効率を落としがちに。
特に小麦粉を油で揚げて砂糖やチョコレートでコーティングしたドーナツや生クリームが乗ったケーキは避けた方が無難です。

ハイカロリーな上に油で揚げたお菓子は食欲を増進させる効果も感じやすいので、ちょっとのつもりが満腹になってしまう可能性も考えられます。

これからの作業で成果や生産性を上げたい時は満腹より「もう少し食べたいな」くらいが集中力を持続しやすいので、意識してみてくださいね。

15時のおやつは職場のコミュニケーションもアップさせる?

個包装されているお菓子をひとりで食べることで集中力や生産性をアップする効果があるなんて嬉しいですよね。

でも、コンビニで買うお菓子って、「食べたいけど、意外と量多いな…」と思うものがあったり、
「期間限定だったけど、味微妙!」というものってありませんか??

そんな時、自分で食べる意外でもオフィスや休憩室にいる同僚や上司、後輩おすそわけしてみると良いですよ!
「これ食べたことある?」とシェアすることで話題にしたり、雑談をしたり、従業員の意外な一面を発見して職場全体の空気を良くするスパイスになります。長い目で見ると働きやすい環境を作るかもしれませんよ。

15時のおやつを効果的に取り入れることで
楽しく、健康的に仕事をして、ライフワークバランスを充実させていきたいですね!

最新の記事を見る