ステップアップを明確にする差を知ってる?

 
あなたは求人票を見ていて「キャリアパス有り」
という表記を見たことはないでしょうか?
今回この記事ではそんな「キャリアパス」ついての
疑問を解消いたします。

★そもそもキャリアパスって何?

良く耳にするキャリアアップは具体的に業務で実績をつけて
役職や等級の向上を意味しますがキャリアパスはそのために必要なキャリアの道順を示すものです。
 
また、キャリアパスに似ている言葉にキャリアプランがありますが、
キャリアプランはあくまで「自分」という個が対象になることを指す場合と違い、
キャリアパスはもっと広い定義で従業員ほぼ全てに活用出来るよう設定されているものと言えます。
 

どうして今、キャリアパスが注目されているの?

従来活用してきた終身雇用制度と変わり
通年雇用制度の採用が積極的になった今、
個人目標と経験やスキルを選択することが
キャリアパスをより企業が意識するきっかけと言えます。
 
終身雇用制度のように
勤続年数が長い従業員ほど待遇が良くなるような
仕組みではなく、
 
キャリアパスによって実績・スキルの評価をより分かりやすく設定することが出来ます。
 
従業員としても、それぞれ目指したいキャリアや
達成したい目標が具体的になるのでより仕事にやりがいを持ち意欲的になれるというメリットが考えられる他、
 
企業も従業員に自社に必要なスキルを明確にすることが出来るので
双方でキャリアのビジョンのズレが生じづらくなるという利点もあります。
 
また、採用の段階でキャリアパスをきちんと定めているということは
応募者にしっかりキャリアアップの道筋があるということを示せるので、
昨今の企業を選ぶ指標の中でも重要なポイントと言えるでしょう。
 
そのため、自社独自のキャリアパスを持ちアピールする企業も増えて来ています。
 
ただし、デメリットとしては企業の業績や状況によって
キャリアパスの条件をクリアしたにも関わらず昇進や社内での等級が上がらなかったという事例も少なからず存在してしまいます。
 
ですので、転職活動する際にはしっかりイレギュラーな場合はないか確認する姿勢が大切です。
 
あなたがもし、現在転職・就職活動を行っているうえで
今回ご紹介したキャリアパス
重要視した企業に就職したいと考えているなら
 
個人で転職サイトをリサーチする他に
「キャリサポ」にぜひご相談ください。
 

約9000件の企業案件の中からあなたにマッチングするキャリアパスを持つ
企業への転職を全力でサポートいたします。
あなたの目指す理想のワークライフバランス実現のためにも
ご相談くださいませ。
 
 
最新の記事を見る