【ビジネス用語】知ってる?レバレッジの意味

 

「レバレッジ」という言葉はオフィスやインターネットで企業家が
「レバレッジを全力でかける」などの
発言で耳にしたことがあるかもしれません。

特にネットビジネスで
良く使用されると言えます。

★レバレッジの意味は

「レバレッジ」は「てこの原理」を
意味する言葉です。

少額の資金を借り、投資として活用することで
利益やメリットを得るという意味として
ビジネス用語で使用も散見されます。

FXや株取引でも良く使われますが
オフィスなどのビジネスシーンでは

小さな力で大きな働きをするという
「てこの原理」と同じように
自分の持っている少しの資金や資本を
活用し大きな利益を生む」ことを
指すことがほとんどと言えるでしょう。

★レバレッジは実際どう使う?例文をチェック

「レバレッジを効かせる」

小さな投資で大きな利益が見込める場合の
取引を行う際に使います。

噛み砕くと「てこの原理」のように
極力資本を使わず利益を得たい場面ですね。

「大きなレバレッジがかかるのは避けよう」

損失が出る取引の恐れがあるため
レバレッジとされる出資を抑えずに
別の施策を取る場合です。

「レバレッジ制限」

FXの際に使用されるレバレッジには
活用出来る制限が設けられています。
いわゆる「レバレッジシステム」とも呼ばれ
現在は最大25倍までの制限が課されています。

ですが、新型コロナウィルスによる
経済の打撃を緩和するために
欧州などでは銀行からのレバレッジの制限を
緩和する働きも出ています。

「レバレッジ人脈」

まず自分が動くことを意味します。

自分がアクションすることで
相手に動いてもらえることで築かれる人脈を指します。
レバレッジと人脈という言葉が組み合わさると
自分が受け身(動かされる側)な印象に
なってしまいそうですが

働きかける相手のために
「何が出来るか?」と考えて
場面によって適格にアプローチすることが
求められます。

自分からアクションすることで
とてもポジティブになりますし、
相手にも信頼されるので良い関係が気付けるとされます。

★レバレッジ人脈に必要なものは同じ価値観?

そんなレバレッジ人脈に必要なものが
「同じ価値観の土俵に立つ」だけではなく

「この人に任せれば大丈夫」
「この人なら助けになってあげたい」
等々、

少し特別な人間だと思われることが
ポイントだと言われています。

職場でもそんな人間になれば
やりがいのある仕事と出会う機会が増えたり、
オフィスでの人間関係も良好に築けますよね。

★今の職場にレバレッジ人脈は見つけられない…そんな時はキャリサポ

やりがいのある仕事や
必要とされる人になりたい場合、
キャリサポをご活用ください。

キャリアチェンジやステップアップのための
約6000案件からあなたにマッチする
企業をご紹介するとともに

今あるスキルをさらにのばすための
セミナーも随時行っています。

WEB面談も行っておりますので
まずはお気軽にお申し込みくださいね。

 

あなたのご連絡をお待ちしております。

最新の記事を見る