新卒カード、持ってますか?

 
あなたは「新卒カード」という言葉を聞いたことがありますか?
 
まるでクレジットカードやポイントカードのような名前ですが、違います。
新卒カード」とは、はまさに「新卒で就活をしている」人や立場を指すいわゆるスラングです。
 
日本の企業は学歴や年功序列、終身雇用を採用してきた面が色濃いため、いまだに企業によって「新卒カード」が切り札で、重要とする経営者もいるほどです。
 
ですが、、、コロナ禍の今、求人票を出している企業でも同じことが言えると思いますか?
新卒カード」とまで言わなくても、求人票をチェックすると、
 
「若手の活躍する職場です!」
「条件:35歳位まで」
「20代の社員が多いです」
 
などの記載があります。しっかり明記してあると、せっかく転職を考えてアクションしようにも
 
「自分は32歳だから、この求人は無理なんだな」
 
「20代のうちに転職活動しないと可能性の限界がすぐ来てしまうんだ…」
 
などのマイナスな印象を受けてしまいます。
年齢は努力では変えられない部分です。ですが、どうしても【自分の可能性を年齢であきらめたくない】という時がありますよね。
 

新卒カードがない就活は成功出来ない?

 
結論から言えば、新卒でなく、第二新卒や既卒でも就活することで必ずしも失敗するわけではありません。
 
ですが、一部の職業や業種には年齢制限があることも。
特に国家公務員のような資格獲得試験の年齢規定がある場合ですね。
さらに、年齢制限がないにも関わらず、年齢によって合否を判断することは厚生労働省が定めるガイドラインで原則として禁止しているって知ってますか?
 
ですので、どうしても目指したい職種に年齢の条件が提示されている場合でも、条件を周知した上で
 
「即戦力として貢献したい」
 
ということを熱意を込めて採用担当者にアピールすることで、内定獲得の成果に繋がることもあるので、安心してくださいね。
 
ですが、年齢に”よって”選考を拒否されることは法律にも認められませんが、希望する職種に必要なスキル不足によって採用が難しいとされる部分が現実です。
 
しかし この問題はスキルやキャリアをアップすることで解決し希望する職種に内定を得られる可能性も十分にあるのです。
 
そして先にお伝えしましたが、公務員を希望しているなら資格を獲得するための試験の受講、
 
また、そのほかにも同じく厚生労働省の定めるガイドラインにも定められている一部の例外として年齢制限を設けている特殊な職種も少なからずあるため、
 
IT業界のエンジニアやアパレル関係で技術職や接客業に勤務したものの、
 
・不定休で生活に安定がなくストレスが負担になっている
 
・業務のノルマに追われて毎日残業で自由な時間がない
 
というような待遇だったり、人間関係に不満を抱えていて転職活動したい希望があり
20代、もしくは第二新卒であるのならば
 
目指す職種や公務員試験のスケジュールをリサーチして、自己管理をしながら出来る限り早急に転職活動へ踏み出してみると良いかもしれませんね。
特にコロナ禍において試験の延期やカリキュラムが変更している可能性もあるので、要チェックです。
 
では、なぜ企業の求人票には年齢が記載されているのか不思議ですよね。
それには、こんな理由があるんです。
 

企業が求人票に年齢を書く理由はコレ

 
年齢をあらかじめ記載している理由。
それは企業としてもそもそも存続して生産性を高めていくために
重要なポイントでもあるからです。
 
まず、顧客の求める商品を扱っている企業の場合など
アイディアや企画力が問われる場面がある場合、求人票に年齢を明確に表記するのです。
理想とする顧客と近い社員がいればアイデアや企画も顧客と近い目線になるので、重要ですよね。
 
ですので、必要なスキルや実績があれば年齢を加味しても適正と考えて採用する可能性が十分にあります。
 
このような求人に対しては企業理念や市場をしっかりとリサーチし
理解を深めた上で、必要なスキルや実績があることをアピールすることが大切ですね!
 

そうは言っても、自分のスキルや実績に自信がない…という時は?

 
「キャリサポ」では専任の就職アドバイザーが
あなたの目指す職種や企業に向けて強みや適性を1対1のヒアリングを通し徹底的にスキルアップのために問題解消に導きます。
 
特に、「現状の企業でスキルを伸ばすか」「新しい環境に踏み出すか」など、様々な選択肢から就職・転職以外にもあなたにとってベストな方法を提案します。
 
新卒カードがない今、転職に踏み切れない」
「自分にとってベストな選択が選べない」
「自信を持って前を向いて働ける方法を探している」
 
等々、
なかなか一歩を踏み出せないという時はまずはキャリアアップ転職、キャリアチェンジ転職に「キャリサポ」を活用してくださいね。
 
 
 
 
最新の記事を見る