転職活動の筆記試験対策に関するよくある質問

Q.転職活動で筆記試験が不合格になったら不採用になりますか?
A.不合格だからといって、必ずしも不採用になるとは限りません。
以下のように筆記試験を受けるタイミングによって
選考における筆記試験の重要度は異なりますので
どのタイミングであってもしっかりと対策はしておくことが大切です。

【一次試験の場合】
応募者が多いときに一定の点数以下をふるい落とす目的で行われるため
筆記試験は採用に大きく影響すると言えるでしょう。

【面接と同時進行の場合】
面接では測れない基礎能力を客観的・総合的に判断するために行われます。
面接で同等のスキルを持つ人がいる場合は
筆記試験の結果が採用に影響する可能性があるでしょう。

【最終選考の場合】
応募者の性格や行動の傾向などを確かめるために行われますので
応募者の性格と職場の相性を重視する企業であれば
筆記試験の結果が採用に影響を与える可能性があると言えます。

Q.転職活動で筆記試験がある場合、一般的な試験時間はどのくらいですか?
A.一般的な試験時間は40分~1時間程度と言われています。
時間配分に配慮して解答スピードを意識することが大事です。

Q.転職活動で筆記試験の合格ラインはありますか?
A.一般的な合格基準は約6~7割以上と言われています。
ですが、企業によって基準は異なりますので
事前にできる対策を行っておくと安心です。

Q.転職活動の筆記試験はどのように受験しますか?
A.応募企業の指定する会場で受験します。
一般的に以下の2パターンの受験方法があります。
・応募企業に指定された会場
・Web会場

【会場で受験する場合】
会場に訪れて受験する際は、筆記試験のみの場合でも
応募企業から指示がない限りスーツで受験するようにしましょう。

【Webで受験する場合】
Webで受験する場合はなるべく騒音の少ない部屋で
集中して受験できるよう環境を整えておくと良いでしょう。

Q.転職活動の筆記試験でどのような問題が出されるか、事前に知ることはできますか?
A.一般的には試験内容を事前に知ることはできません。
一般的に常識に関する試験や能力・性格検査を
受ける場合が多いと言われていますが
筆記試験の内容は非公開としている企業が多く
職種などによっても問題内容は異なります。

そのため、転職サイトの情報を参考にしたり
可能であれば人事や採用担当者に聞いたり
転職エージェントサービスを活用すると
過去の試験の傾向を教えてもらえる場合がありますので
気になる場合は質問してみると良いですよ。

Q.転職活動の筆記試験には一般的にどんな種類がありますか?
A.一般的に以下のような筆記試験の種類があります。

「能力適性検査」
一般常識や高校卒業までの数学、語彙、漢字、英語といった
基礎的な学力を測ります。

「性格適性検査」
企業への適性(ストレス耐性や主体性など)を測ります。

「小論文」
応募する業界に関するニュースや志望動機などテーマは様々です。

「専門知識に関する試験」
業務で必要なスキルに関する企業独自の問題が出題される場合があります。

また、職場での適合性が重視される技術系の職種は
筆記試験を行う場合が多いと言われています。
勉強不足で一次試験で不採用とならないためにも
きちんと筆記試験の対策を行いましょう。

Q.転職活動の能力適性検査はどのような対策をすると良いですか?
A.以下のような対策をすると良いでしょう。
・参考書や問題集を活用して勉強する
・高校までの基本的な問題を復習する(計算、語彙、漢字、英語)
・ニュースで時事問題についてチェックし自分の意見を考えておく
能力適性検査では「SPI」「玉手箱」「3E-IP」などの
テスト形式で検査が行われる可能性が高いと言われています。

Q.転職活動の性格適性検査のコツはありますか?
A.面接での受け答えと矛盾しないように正直に回答することです。
性格適性検査では「YG適性検査」「クレペリン検査」などの
テスト形式で検査が行われる可能性が高いと言われています。

YG適性検査とは、人の性格に関する質問に対して
「はい」「いいえ」「どちらでもない」の三択で解答するテストです。
印象を良く見せようと偽った回答をすると
面接での受け答えと違ったイメージを与えてしまい
不信に感じられてしまう可能性がありますので正直に回答しましょう。

クレペリン検査とは、1桁の足し算を解いていき
集中力や安定性を判断するテストです。
解答するスピードだけでなく正確性を意識することが大事です。
練習サイトで事前に練習しておくと良いでしょう。

Q.転職活動の筆記試験で、小論文の対策は何をしたら良いですか?
A.テーマを想定して自分の考えをまとめておくと良いでしょう。
小論文のテーマは、一般的なものから応募する業界に関するものなど
企業や業種によって異なりますので、普段からニュースに関心を持ち
自分の考えを深めておくと本番で意見を引き出しやすくなりますよ。

また小論文は「結論→具体的な説明→結論」の流れで
文章を構成することが一般的です。
自分でテーマを想定して練習してみると良いでしょう。

Q.転職活動で業務に関する専門的な内容の筆記試験を受ける場合、どのような対策をすれば良いですか?
A.以下のような勉強や準備をすると良いでしょう。
・応募する業務に必要なスキル・資格に関する勉強をする
・希望する業務に関する専門用語を復習する
・あらかじめ配布された資料などを熟読する

また、会社独自の試験の場合もありますので
転職先の企業や業界の市場動向や話題となっている情報をリサーチしたり
入社後の抱負などを考えておくと良いでしょう。

Q.転職活動で筆記試験を受けるときの注意点はありますか?
A.以下のような点に注意しましょう。
・問題の時間配分に気をつける
・前日はきちんと睡眠を取る
・筆記試験に関するメールにはすぐに返信する

筆記試験対策として、問題の復習だけでなく
本番の制限時間を意識して解答する練習も行うと良いでしょう。

また、筆記試験は集中力が求められますので
万全の状態で受験できるように
前日はしっかり睡眠時間を確保しましょう。

また、筆記試験に限らず企業とのメールのやり取りは
24時間以内に返信することがマナーとされていますので注意しましょう。

■まずは診断してみる! ▼
Q1
Q,正社員として仕事をしたことがありますか?