事務だけど事務じゃない? 編集事務の疑問を解決

※この記事は求人において「編集事務」の
ポストの業務や適性に関する疑問を解消する
コンテンツです。
 
 
求人広告を見ていて「編集事務」というポストを見たことはないでしょうか?
「事務は憧れるけど、編集事務って何をするの?」
「事務作業以外にどんなスキルが必要になるの?」
「そもそも編集って具体的にどんな仕事かよくわかってない」等々、
疑問を感じるお声が寄せられています。
 
編集事務とはどんな職業でしょうか?
 

編集事務は出版物の多い企業に求められるポスト

「編集事務」という職種は
主に広告業界で地域雑誌などに活用されます。
 
各企業によって対応する業務はそれぞれ異なっていますが、
基本的には記事やカメラマンが撮影した写真素材をパソコンに取り込むなど
 
デザイナーやクリエイターの指示のもとアシスタントとしてのバックアップや簡単な文章を作成してwebにアップするなど
デスクワークで中心となるポジションを指す場合が多いと言えます。
 
また、事務でもあるため
 
▲編集や取材にともなう請求書や依頼状の作成
 
▲原稿や依頼の郵送業務

▲必要資料の作成
 
▲必要経費の入金の確認
 
▲誤字脱字のチェック
 
等々の他にルーティン業務も行います。
 
募集は医学雑誌や経済雑誌などもあり専門分野によっては経験者のみ募集していたり
地域雑誌の場合ですと未経験でも基本的なパソコン作業が行えれば採用する企業もあり、範囲は様々でしょう。
 

編集事務がバックアップする編集業はどういう業務?

 

編集の仕事はweb媒体や印刷された出版物の企画を立てたり、作家やイラストレーターなどのクリエイターへ仕事を依頼するなど幅広いものです。
専門書などの場合、しっかり知識を持ってたり、文章を間違えずに正確に作成するなど高い専門知識も求められる一方、集客に必要なデザイン性や話題のトレンドに強いということも求められていますね。
また、締め切りを管理しつつクオリティもアップし続けるなど、自分の仕事にとことんこだわりがあるというイメージもあるのではないでしょうか?

★主な編集の業務内容
・webサイトの編集
・書籍などの出版物の編集
・作家、アーティストへの仕事依頼
・原稿の修正依頼やチェック
・記事の公正
・取材

等々、右脳と左脳をフル回転し、ベストな正解を導きだすために編集という業務は多忙を極めるとされています。
新卒の学生などにも希望者は多い一方、倍率も高いという厳しくも憧れの職種と言えますね。

 

編集事務は事務でもクリエイティブな職業
どんな人が向いている?

 
企業によって雑誌やweb掲載のみの場合など媒体によって異なります。
 
雑誌などいわゆる紙媒体ですとデータを問題なく入稿したり、印刷のため修正が効かない細かな部分まで気を配る必要があります。
 
また、web媒体ですとHTMLやCSSなど基本的なPC知識の他に応用のようなスキルが求められます。
 
ですので、先ほどお伝えしたような一般事務のような基本的な業務の他により専門的な知識と編集者やクリエイターの意向をくみ取るコミュニケーション力が必須と言えます。
 
いわゆる「一般事務」を希望している場合、イメージと異なりますので注意が必要となるでしょう。
 
ですが、あなたがもし実際に印刷されたりたくさんの人の目に触れる
成果物やクリエイティブに携われるキャリアアップやジョブチェンジを望んでいるとしたらまさにぴったりの職業だと言えるでしょう。
 
今回ご紹介した編集事務の職業以外でもこれからのあなたのキャリアアップや転職を希望していているのなら、
 
そんなあなたの理想とする企業とのマッチングを「キャリサポ」は全力で支援しています。
 

少しでも「これまでよりもスキルを増やしたい!」
「新しい環境でステップアップしたい!」と
考えているとしたら、
 
まずはひとりで悩まず、プロのキャリアアドバイザーに
ご相談ください。
 
あなたのご連絡をお待ちしています。
 
 
さらにおすすめ記事を見る