もしかしたら騙されてるかも。「誘導される」前に知るべきこと

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

あなたは「誘導型の発言」というものを知っていますか?

誘導型の発言はズバリ、自分の立場を利用して受け取り手を中立の立場ではなく都合の良いように誘導することを目的とした発言をすること。

例えば、セールスマンのAさんとBさんがいるとします。
Aさんは「転職は正しい。今すぐ会社を辞めて転職活動をするべき」と言います。
でもBさんは「今は転職するべきではない。どうしてもせざるを得ないなら、在職しながら転職活動をして考えるべき」
と言うように意見が分かれてしまっています。

あなたは「うーん。ふたりの意見はそれぞれ正しいよね。色んな意見がそれぞれあるものだし」と考えるかもしれません。そこで、さらにこんな情報を知ったらどうでしょうか?

Aさんは普段、転職に役立つ本を売ってます。Bさんはキャリアアドバイザーで、カウンセリングを通してその人にマッチする企業探しを仕事にしています。

このような情報です。
さて、もしAさんが本来は「転職を本当はすべきではない」と思っていても、「転職に関するノウハウをまとめた自分の本を売りたいから」と考えてしまっているとしたら…?Aさんとしては「仕事を辞めて転職のことに集中してもらうことは都合が良いこと」ですよね。

このように自分にとって有利になる発言をすることを「誘導型の発言」、いわゆるポジショントークというのです。

耳慣れない!と思われるかもしれませんが、これからの働き方や、ニュースを見る際にも役立つので、最後までチェックしてくださいね!

誘導型の発言はどんなものまで?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

先にお話したように、誘導型の発言は自分の立ち位置から物事を発言することです。

これは公平な立場ではなく、当事者や自分のポストに有利に発言するという意味も持つので、中立ではなく偏っているということが誘導型と言われる所以です。

「全然公平じゃない!」「目的があって誘導しているのは違和感がある」
と思えてしまう誘導型の発言ですが、もちろん誘導されることだけではなくテクニックとして知ることはとても有益と言えます。
なぜなら、この誘導型の発言は逆に、企業同士でサービスの内容や、商品をPRするには必須の技術とも言えます。

誘導型の発言が発揮するのはセールスすること?そのメリットは?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

誘導型の発言はあまりいい意味できかない言葉かもしれません。
でも、実はメリットのある活用方法があります。

それは、サービスを提供する際に、相手の興味を引くこと。

例えば、イヤホンはどこでも同じ、と思う顧客に
「うちのイヤホンは本当に社運をかけて作った商品で、こんなに使うメリットがあるんです!」
と強く生産者としての誘導型の発言をすることで心に響くことってありますよね。

ただし、競合と事業を進めるにあたって誘導型の発言を強くすることで企業によってはマイナスの場合もあるので、一長一短があるということは理解する必要がありますよ。

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

誘導型の発言にうんざりなら…そんな時は完全に中立的な立場に相談して

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

2021年、これからの時代に合わせた働き方や、あなたにとって「誰かの都合のいい仕事」だけじゃなく、本質的に自分にマッチしたい仕事をしたい!と感じているのなら、キャリアアドバイザーのキャリサポをご活用ください。

キャリアアドバイザーは「とにかく転職させる」というようなアプローチではなく、あなたが納得して、アプローチしたいと思える企業や適性のマッチングのサポートをします。

必要以上の誘導型の発言で顧客に判断をまどわせる企業姿勢にうんざりしたり、もっと誠実に働きたいと思っているのなら、まずはあなたの気持ちに反したポジショントークは避ける必要があるからです。

キャリアチェンジやステップアップのカウンセリングの他に、マイナビとパートナーシップを結んだ非公開求人の約10000案件からあなたにマッチする企業のご紹介も可能なので、お気軽に相談からスタートしてくださいね。

⇒さらに詳しくキャリアアドバイザーについて見てみる

 
最新の記事を見る