上司が不機嫌をあらわにする職場は絶対NGな理由

定時直前の仕事を頼まれたり、退社後にも会社からの連絡…そんな日常に悩まされていませんか?
時間外労働のコンプラ意識の低い会社ではなかなか「NO」と言えませんよね。
 
自分のミスによって来る連絡は致し方ない部分もありますが、基本的に労働基準法の観点からも「時間外労働は仕方ない」では済みません。さらに、ミスに対して上司
 
いきなりの連絡なのに質問形式で次々と責めたてたり、
返答に対してさらなる粗探しで怒られたり
長々と説教を皆の前で公開処刑状態で行う職場は特に危険な傾向があると言えます。
 
ですが、もしかしたらあなたは責められたことに怒りを覚えるより
「皆我慢して働いているのに…嫌だなんて感じたらだめだ」
「自分だけこんなことで泣き言や意義を申し立てるなんて、考えてはいけないことだと思っていた…」
「私は社会不適合者なんだ…」
なんて我慢に我慢を重ねてしまうかもしれません。
ですが、そんな状態はやはり出来るだけ避けた方がベターです。
 

そもそも上司が不機嫌をあらわにする職場は絶対NGな理由

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」
 
たとえば、あなたが業務上でちょっとしたミスをしたとします。
そんな時にものすごい剣幕の上司に怒鳴られたとしたら固まってしまって、頭が真っ白になってしまうかもしれません。
 
社会人らしく「しっかり説明できなかった自分が悪い」と感じてしまうかもしれませんが、世間のコンプライアンスの意識が高まっている今、「怒鳴る上司の方がおかしい」「不機嫌を全面に出す事もパワハラの一種」と認識しても間違いではありません。
 
上司の圧迫が続いたり、自分ではなく他の人されているのを見ているうちに
あなたは割り振られた仕事を遂行するために勤務しているのに、上司の顔色を窺うことがメインになってしまう…という悪循環が生まれかねませんし、マネージメント不足とも問われる問題です。
 
ちなみにマネージメント不足という点としては「休みたいのに休めない」「体調が悪いのに人手が足りないから出勤しないといけない」ということも同じです。
人手が足りない、ということは管理職や経営部の従業員の過不足に対するマネージメント不足による問題なので、いち社員がある程度好きなタイミングで休暇を取ることは法律上何の問題もありませんよ。
 
ですが、「全て自分の責任」と感じてしまい、上司の不機嫌ゲージを窺うことが最優先事項になってしまうことで
 
▼問題改善の提案が出来ない
▼怒られたくなくてミスを隠してしまう
上司の気分次第で業務内容が変化して振り回される
▼休日でも上司から連絡が来たら対応しないといけない
等々、オフィスでもよどんだ空気が立ち込めてしまうだけではなく、ストレスによって体調を崩したり冷静な判断能力も低くなってしまいかねません。
 
もちろん、仕事にする以上ミスをすることは許されませんが
ミスしないことの目的が企業の業績アップや顧客との信頼関係ではなく
 
上司に怒られないため」という理由にすり替わっては問題です。
 
実際、社員を怒鳴りつけるような上司がいる職場ほど、不必要なプレッシャーのせいで
ミスが増えたり、社員が定着しないという調べがあります。
 
上司が指摘することで問題が抑えられていると思っているとしたら、まさに泣きっ面にハチな負のスパイラルですよね。自分だけが頑張っても、人が離れて、その分負担が増えて負のスパイラルから抜け出せません。
 

上司に怒られたくない…でも誰にも相談出来ないと思ってますか?

あなたがもし、今の職場の上司や同僚の怒りゲージがストレスになってしまうと、誰にも相談出来ずに悩みを抱えてしまうかもしれません。
周囲に不安を感じさせないよう、心配をされても「大丈夫だよ」「忙しいけど平気だよ」と言ってしまうかもしれません。
 
基本的に仕事は長く続けた方がいい、働きながら転職先を探した方がいいと言われていますが、必ずしもそうではありません。体調や精神的にストレスを感じる場合「すぐにでも退職」をすることで傷を浅くすませることも大切です。
そして、何より上司に理不尽に怒鳴られたからといって「自分を責めない」ということが大切です。
 
なぜなら、
【あなたは職場の雰囲気に振り回されるために入社したのではない】から。
 
あなたが入社した理由は、人と人を繋げるサービスを提供したいからとか、
顧客の役に立ちたいからだとか、
これからの時代にあった専門スキルを磨くためだったとしたら、上司のイライラからの逃亡が目的ではなくことがすぐ分かるはずです。
 
ですが ちょっと視点を変えてみることも大切です。
 
もしかしたら今、怒られて辛い思いをしているのは
「自分を完全否定されていると感じるから苦しみが生まれている」からかもしれません。
 
怒られてること、叱られることは誰でも脳にショックを与えて、ストレスとして負荷を抱えるので出来れば避けたいですよね。逃げ出せるのなら「自分には関係ないこと、この人の器が狭い」と逃避してしまいたくなります。
 
ですが、指摘や叱られることで、問題を解決させるコツを手に入れたり、成長することは多いです。
 
上司のイライラも、あなたに向けてではなく、あくまで成果に不満を示している可能性もありますよね。
 
受け取った指摘や修正点は持ち帰って、改善してみせることで上司の対応も同じく改善する傾向もあります。
 
「もう自分を叱る環境は嫌だ!」と転職をすることで上司や仕事を変えることは出来ますが、自分からは逃げられません
 
「ちょっと立ち止まって」本当に理不尽なイライラをぶつけられているのか、それとも健全な指摘か考えてみてくださいね。
 
もちろん、大切な仕事のことです。自分ひとりの判断では
余計に不安になったり、友人や家族にも心配させたくないために悩みを打ち明けられないかもしれません。
 
そんな時はプロのキャリアアドバイザーに相談することが絶対にオススメです。
 
 
プロのキャリアアドバイザーは数多くの上司の悩みや職場での人間関係に苦痛を受けている
相談者からの面談やキャリアアドバイザー自身の社会人経験があります。
 
ですので、もし、あなたが働き方や人間関係で悩んでいるとしたら
似たケースでの成功体験や、改善点をカウンセリングを通して解決に導きます。
 
新しい環境でスタートしたい!と考えている場合でも
履歴書や職務経歴の添削、マッチする求人案内までサポートしてくれるので、今すぐにでも活用してくださいね。
 
 
最新の記事を見る