志望動機が足を引っ張る…転職出来ない人の「やりがちなこと」はこれ

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」
「私の志望動機は、御社を通じて地域貢献をしたいからです!」
「自分のスキルを前職では活かせなかったので、御社で発揮したく思いました!」

キャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職に関わらず、転職活動には志望動機が欠かせませんよね。
そんなこれまでのキャリアと、実現したい職務のためには説得のある志望動機が重要ですが、もちろん注意点も。

あなたは胸を張って語れる夢やスキルがありますか?もしうまく伝えられないとしたら、転職面接でまさに足をすくわれる地雷になりかねません。

志望動機で「アピールすべき」正解は

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

結論から言えば、冒頭でお話した「地域貢献したい」「前職では待遇に不満を重ねた」は良いアピールと言えません。

なぜなら自分を企業にアピールすべき場においても

「で、何で地域貢献したいの?」

「うちだと何で地域貢献出来ると思ったの?」

「地域貢献より社会貢献したい企業なんだけど、大丈夫?」

「前職の不満を言う人は、この企業にも不満を感じてしまうんじゃない?」

と思われてしまう傾向があるためです。

いくら転職面接があなたの志望動機をアピールをする場所だからと言って「あなたが好きなこと」「あなたが期待していること」をただ全面的にアピールするべきではないということですね。

それは、転職面接では「ありのままの自分を受け入れてもらう」という目的ではなく、「企業にとって必要な人材かをアピールする」ことが目的なためです。

つまり、志望動機に関わらず、スキル面やエピソードトークでも、「企業にとって何の役に立つか」「どんなことに活かされるか」という視点を持たなければ「単なる自己主張」で終わって、企業の求人に応募した理由が曖昧になってしまうのですね。

さらにこの問題は志望動機の質問だけではなく、あなたが今まさに「面接は苦手じゃないのに、いつまでもその先の面接に進むことが出来ない」ことに関わっているかもしれません。なぜなら面接官の「真意」や「なぜこの質問をしているのか捉えることが苦手」で「コミュニケーションを取りずらい人材」と受け取られてしまうことが考えられるためです。
これは、簡単に言えば「うちの会社でやっていける人か?」「自分のやるべきことを理解しているか?」ということですね。

面接という短い時間の中でアピールすべきはこの「役割」と「企業理念」を理解出来ているかどうかなので、注意してみてください。

志望動機や自己アピールは筋道を立てて「活かし方」「人材としての価値」を発揮する場所。それはなぜ?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

ほとんどの企業が面接で重要視しているのは「大勢いる社員のひとり」…と型に収まる人材ではなく、自分の持っているスキルを「活用出来る人材か」を理解して伝えることをチェックしていると言われています。
それはなぜでしょうか?

例えば、PCが得意でプログラミングが出来る、というアピールだけでは「まだ武器を持ってるだけ」「実際にスキルとして活かせるか分かっていない」という判断に繋がってしまうと可能性があります。

プログラミングという武器を「どう使えるか、それがどう会社に貢献出来るか」ということまでアピールしないと「ぜひ雇いたい!」「弊社の開発チームで働いてもらいたい!」というプロセスに繋がらないのですね。

チャンスを掴み、魅力が伝わらないために損をしないためにはあなたの持っている武器を正しく「使える」アピール力はどの業界、分野でも重要と言えますよ。

もしあなたが「自分のスキルをアピールすることを練習しても面接対策に不安」という気持ちを抱えているとしたら、転職エージェントから客観的なアドバイスを受けてみることがおすすめです。

特に企業と求職者の橋渡しをしている転職エージェントはあなたのマッチしているスキルのアピールポイントをしっかり寄り添ってサポートします。すぐにでも活用してくださいね。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

1万人の選考対策を行ってきた転職エージェントの面接対策で自己アピールの他にもコミュニケーションに自信がない場合もしっかりサポートいたします。

さらにキャリサポの転職エージェントなら1対1のカウンセリングに通してあなたの個性や大切な転職・キャリアアップ動機や希望を大切にしますので、
もし転職サイトを見てピンとくる求人が無かったり、自己アピールが不安で面接にネガティブなイメージを持っているとしたらお気軽にご相談くださいね。

 
最新の記事を見る