謙虚=頼れるワケじゃない?仕事がデキる人の特徴

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

「●●さんって本当に謙虚ですよね」「もう少し、自分に自信を持つくらいが良いですよ!」

「間違ったことを言ってもいいから、たまには謙虚さを捨ててみてもいいかもね」

あなたは周りからこんな評価を受けたことはありませんか?

「自分が自分が」としていないのは、周りとの人間関係も円滑に行えますし社会性の高い行動ですよね。

逆にすぐに人の話を遮って自分の話題に持って行こうとしたり、長い自分語りをする、もしくは自分に注目してほしくて仕方がない!というタイプは敬遠されがちです。

ですがもし、あなたが頻繁に「あなたはもっと自分に自信を持って」「たまには意見をしっかり発信すべき」と伝えられているとしたら、すぐでも意識して「謙虚さ」を避けるべきかもしれません。

こんなに危険。職場で目立たず謙虚で居続けることのデメリットは

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

あなたがもし、自分が前に出ないことで周りの環境や関係を円滑にしていると思っているとしたら、そうとも限らないかもしれません。

例えば、こんな人が周りで働いていたとしたらどうですか?

「頼んだ仕事はしてくれるけど、頼まないと自発的に仕事してくれないし、頼んだ以上の仕事は探そうともしない」

「何でも【どうすればいいですか?】と聞いてきて自分で何か調べようとしない。勝手は困るけど頼られっぱなしもこっちの時間が奪われる感じがする…」

「お客様から何か聞かれても、自分で解決策を探すでもなく【自分じゃわからないから】と追い返すだけ…これってどうなの?」

自分の領分や担当という枠組みがあるにせよ、誰かに判断を丸投げしている状態ですよね?
実は謙虚であり過ぎると、このように自主性が失われやすい環境を作りやすくなってしまう傾向になりがちなんです。

「自分が勝手に判断をしちゃいけないから…」「上司の意見が一番大事だから…」「出過ぎだ真似をしちゃいけないから…」「余計なことをして怒られたら嫌だから…」と感じていたとしても、よほど専門外でない限り、仕事を覚えるうちに対応も可能になっていくもの。

入社して間もないわけでもなく、仕事の進め方に対して「正解」が理解出来ているならなおさらですよね。

仕事が任されない?後輩に成果を追い抜かされる?その原因も謙虚さだった

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

どんなに頑張って真面目に毎日働いていたとしても、謙虚が過ぎることで大きな仕事を逃す人が多いと言われています。

なぜなら、自分に自信がないせいと思われてしまうと、「あの人は頼りない」という評価をされてしまうからです。

具体的に言えば、人は心理的に「声が大きく、はきはきとした話し方や自信のある態度を正しいもの」と捉える傾向が心理学的にわかっています。あなたも、声が小さくておどおどしている人には「大丈夫かな」「失敗しそう」と思うかもしれません。逆に、人の目を真っすぐに見て、言葉の最後まではっきり伝えらえる人は「この人なら信頼できる」「頼りになりそう」という評価をする傾向にあります。

強気な態度はマイナス…と感じてしまうかもしれませんが、特に職場においては堂々とした態度と姿勢は仕事の向き合い方を示すためにもとても重要なんですね。

さらに厄介であるのが、一度レッテルを貼られてしまうとなかなか印象が改善しにくい部分があるのも現実という部分にもあります。

これは特に大手企業だったり、高価な商品を扱っている場合ですと顧客のイメージにも影響が出る部分です。
高いお金を出した分、利用者の期待値は上がるので、自信がない対応は信用を無くしてしまいますよね。

少し自信がありすぎ!そんなに言うほどいいの?という人くらいがセールスや営業で高評価を受ける理由はこんなところにあります。

このようにちょっとした謙虚さで評価が下がってしまうのは残念過ぎることだと思いませんか?

謙虚を活かす?それとも積極性を磨く?解決する問題は

もしあなたがついついネガティブな気持ちを持ってしまったり
「私なんて…」という謙遜をしてしまっているなら
今日からまずは「ありがとうございます!」と言うように「そんなことないですよ」という否定ではなく感謝から伝えてみてください。例えば、

「働きを見てくださってありがとうございます。次もがんばります!」
「ありがとうございます!これも、課長に●●のアドバイスを頂けたおかげです!
またアドバイスがいただければ勉強になります!」
「もっと成果が挙げられるようがんばります!ありがとうございました!」

等々です。

あなたの前向きさが印象に残りますし、また有益なアドバイスをしようと思うきっかけにもなります。
自分ひとりでは気づけないポイントを教えてもらえることで、スキルアップもはかれるので
評価する側にとっても良い流れを作ることが出来ますよね。

我が強いことをマイナスで短所とは思わないことがスタート

20代・30代のための転職・キャリアサポートのキャリサポ

もしあなたが今まで、謙虚でいることが美徳であると感じているとしたら、それとは別に自信と責任を持つことを忘れないでください。

意識することで、本来持つ謙虚さと併せて前に進み吸収する力をもっと伸ばすことが出来ます。
ですので、もし消極的なせいで謙虚さがあるな…と感じたとしたら
意識して時には自分の意思を伝えるために強気な言葉を使って背伸びをしてみてくださいね。
(でも、自分の意見を通す我が強いことと、相手を尊重しないといことは全然違うので注意が必要です)

でも、そうは言っても自分に自信が持てなかったり、
これから新しい環境に進もうと感じている場合は
転職エージェントに現状を相談することもオススメですよ。

⇒1万人以上サポート実績のあるキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

ジョブ型雇用が主流になり、自分をアピールすることが重要になってきた昨今です。
謙虚すぎる」というほんのちょっとしたことであなたの魅力を伝えるチャンスを逃す事はやめてくださいね。

それでも「自分に自信がない…」と感じるのなら、少しずつポジティブな言葉を使うことで
あなたのマインドを変えることも出来ます。

まずは、理想のあなたを目を閉じてしっかりイメージして
あなたの良さを生かしてみてくださいね。

 
最新の記事を見る