仕事で自己否定ばかり…自己肯定感をUPさせるためにやるべきこと5選

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

「自分なんかに責任のあるポジションは絶対に無理」
「意見を聞かれても声が出ない…自信がないから会社にも居場所を感じられない…」

あなたはもしかしたら、こんな自己否定をしていませんか?

自信があって、誰にでも堂々と発言出来たり意見交換が出来ると、仕事をする上で強みに感じます。ですが、自己否定ばかりしていると「自分の意見なんて大したものじゃない」と一歩踏み出すことも出来ません。

さて、あなたは自己否定ばかりですか?それとも
どちらかと言えば自己否定ではなく自己肯定感を高く持っていますか?

もし、あなたが今「自己否定ばっかり…」「むしろ、社会人になって働き始めてから自己否定が強くなった」「自己否定がメンタルだけじゃなく、体調にも影響するようになった」と悩んでいたり、周りから「自己否定しすぎ」と言われて、余計に不安な気持ちを抱えているかもしれません。

ですが、安心してください。なぜなら、あなたが悩んでいる自己否定感はネガティブな意味だけではないから。必要以上に高い自己肯定感は必ずしも働く上で必要ではありません。むしろ職場において不利な立場に陥らせてしまう危険性もあるって知っていますか?

自己否定が高いことは不利ではない?高すぎる自己肯定感が危険な理由

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

あなたは自己肯定感が高いと、なぜ不利な立場に陥る危険があるの?と不思議に思うかもしれません。

自己肯定感が低く自己否定的であるよりは、高い方が仕事でもよい成果を挙げられそうですし、実際管理職など高いポストについている場合は特に自己肯定感が高い人物が多くいるように思えます。

Appleのスティーブ・ジョブズもFacebookのマーク・ザッカーバーグも人前で堂々とスピーチをしている姿はとても自己否定的には見えません。

ですが、これはあくまでこれまで築き上げていた実績があるからこその自信と判断力に裏打ちされていると言えます。

例えば、同じ言葉を使ったとしても、新入社員で社会人経験がない人と、数々のCEOと同じに語ることは出来ませんよね。

たまたま的を射た発言か、確信と経験から発せられた言葉では、受け取る側も印象が変わるはずです。

自己肯定感はビジネスにおいて重要ではありますが、あくまで自己肯定感は見せつけるように表面に出すものではありませんし、自分の言葉を曲げずに強い言葉で主張すればいいものではないのです。

なぜなら、自己肯定感というものは、自分で自分を客観的に評価する、というもので「過大評価」することではないためです。

自己否定的な性格の人間からすると「自信満々な発言」「強気な発言」はイコールで「正しい主張」と受け取りがちですが、必ずしもそうではありません。

同じように、自己肯定感が高い=能力がある、ということを考えてしまうのは発言する側としても「自分を過大評価」してしまい、「自分はデキる人間だ」「自分は優秀だ」という傲慢さにも繋がってしまうと言われています。

そうなってしまうと、

例え現職でキャリアアップしたいと考えていても「まだ実力不足」なのに「評価されない会社は最低!」と余計なストレスを感じてしまうかもしれません。

転職活動に踏み切っても「自己評価に反して能力に差がある」と、面接において良い印象を与えられないかもしれません。

つまり、自己否定的ではない場合、在職中や転職活動中に関わらず「自分を過大評価しているかもしれない」という可能性を危惧する必要があるんですね。

では、逆に自己否定的でマインドがついネガティブになってしまう場合、自己肯定感を高めるどんなステップが必要だと思いますか?

自己否定的から前向きになるための5つの行動を今すぐ取り入れて

1.あなたが不安に感じることをリストアップする

あなたが一日、不安に感じたことをちくいちリストに書き出してみてください。不安に感じるもの以外にも、
「もっと○○すればよかった」
「あの時○○したことに後悔している」
ということを、そして
「嬉しかったと思うこと」
「勉強になったと思うこと」を日記を書くように記録して読み返してみてください。

モヤモヤとした不安を感じる気持ちを書き出すことで客観視することも出来て不安要素を洗い出すことが出来ますし、楽しく感じたことはもっと伸ばしていけば良い部分になります。

2.他人との比較をやめる

自己肯定感の強い人を見本にすることで理想に近づく…という場合もありますが‥‥人と比べることで、自己肯定感は向上しません。むしろ、欠点や足りない部分ばかり目に付きやすくなってしまいます。意識して人と比べることをやめてみてくださいね。

3.「自分とは無関係」感情を切り離すことを意識してみる

「挨拶した時あの人、不機嫌だったな…タイミング悪くてもっと怒らせなかったかな…」
「グループ長、なんか怖くて苦手なんだよな…一緒に仕事するの恐怖でしかない…」

このように「怖い」「怒らせてないかな」というような持ってしまった感情を
いったん意識をしないで、目の前のことだけに集中してみてください。

あなたが持った感情は、これまでの経験がもとになっていたり、その人の持つ一面でしかないからです。
露骨に物に当たったり、皆の前であなたを責め立てるようなそぶりを見せるなら別ですが、
もしあなたが「なんとなくそう感じて」話しかけにくいけど、用事があるから話しかけたいという場合は
持ってしまった感情をひとまず無視して、ありのままを見ると心の負担を軽くすることが出来ます。

4.「これは余分なもの」として嫌な感情を手放す

あなたが自己肯定感が低くネガティブな気持ちにしてしまう理由として、部屋に不要なものが溢れていたり、「嫌だな」と感じてるコーナーがある可能性もあります。
部屋はその人の心理状態を表すということも言われています。
1年間使っていないものは思い切って処分して、スッキリとした空間を作りは気持ちもリフレッシュされますよ!

5.筋トレや運動を取り入れる

早く歩いたり、軽いジョギングやスクワットなどの筋トレをしてみてください。
運動して、心拍数が上がると人は強制的にネガティブな気持ちをシャットダウンする働きがあります。1日3分のラジオ体操でも、10分のウォーキングを継続することで目標を達成する実感が得られ自己肯定感が高まります。運動の滑り出しは面倒でも、5分、10分と続けることで「幸せホルモン」と呼ばれるエンドルフィンが分泌され、明るい気持ちになることが期待できます。
家から出てコンビニでコーヒーを買いに行くことからはじめてみてくださいね。

ただし、高すぎる運動目標は継続出来ないと自己肯定感を下げてしまいかねません。あくまで「だるい」「面倒くさい」と感じてしまう日でもこなせる程度のレベルから始めるのです。

自己肯定感は気がつけば自然と身に付くもの

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

5つの行動を紹介しました。繰り返しになりますが自分自身を肯定感ではなく、過大評価によって過信してしまうことは危険です。

さらに、自己肯定感を高めたくても、悲しい時や落ち込んでいるときに無理は禁物ですよ。
ひどくネガティブに感じているときに無理やり自己肯定感を高めようと、「大丈夫」と言ってしまうと
現状の自分に嫌悪感がどんどん膨らみもっと自己嫌悪してしまいます。

落ち込んでいる時はそんな自分を受け入れて、しっかり眠るなどしてケアや、相談出来る友人に話を聞いてもらうなどしてくださいね。

もし、仕事やこれからのキャリアで悩んで暗い気持ちになってしまって、
家族や友人にも相談できないという時は、親身になってくれて、かつたくさんのキャリアカウンセリングの経験のある
専門の転職エージェントに相談してみることも解決に導きますよ。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

キャリアの不安も、自己否定的な思考もカウンセリングを通してポジティブシンキングを高めていくことが出来ますので、ほんの少しのコツを取り入れてみてくださいね。

 
最新の記事を見る