成長ホルモンが仕事に影響する?


梅雨入りも間もなく、容赦のない暑さが襲ってきます。いくら6月だからと言って熱中症対策を疎かにしては危険ですよね。
快適に過ごすためにも適度な水分補給と身体を休めさせる必要があります。
ですが、そうは言っても社会人は知らず知らずに疲れを蓄積させてしまう状況に陥りがちって知っていますか?

もし、あなたが朝、出勤の際に電車の座席に座ってすぐに
うとうとと眠ってしまったり、お昼後や仕事中も眠いようなら
かなりの「に眠っていないサイン」となっているので注意が必要です!

さらにに眠れなくなってしまうのは気温の変化だけではなく、仕事で受けるストレスも原因になってしまうんです。

に眠れなくなったのは仕事のストレスと成長ホルモン不足

に眠れなくなってしまう問題として眠っている間に分泌される「成長ホルモン」を作る時間がなくなってしまうことです。
成長ホルモンは疲れた身体を回復させるために必要不可欠なホルモンなので、この成長ホルモンが睡眠時間によって十分に作られないことで
・筋肉痛などの身体の修復が出来ない
・新陳代謝を促さず疲れを感じたまま
というように身体に回復させる力を与えられず負担をかけてしまうのです。

ついつい更かしで睡眠時間が短くなったり、残業のせいで帰りが遅くなったせいで型になって寝不足が続くと身体にとって悪循環になってしまいますので、注意が必要ですよ。

さらに成長ホルモン不足の上で心身にストレスを受けた結果、日常的に

◎気分が落ち込んだり
◎イライラしたり
◎不安を感じたり
◎好きなこともやる気になれない
◎息が切れたり、緊張する
◎暗い気分が続いて無気力状態

という憂鬱な気持ちさせます。

春と夏の寒暖の差に人間はストレスの刺激を受けます。
そして先に説明した寝不足による成長ホルモンの不足に加え、仕事によっても心身に負担を強く受けさせてしまうのです。

あなたが真面目で仕事や物事に誠意を持って応えようとすればするほど、
体が疲れるように神経にもストレスを与えてしまうのです。

さて、さらにもう1つ強いストレスを与える行為として「自分はダメな奴だ」と自分自身を責めてしまうことも挙げられます。

あなたは、仕事のことが気になって、休日や深夜でもなかなか寝付けなかったという経験や、今まさにそんな状況になっていないですか?

さらに仕事が残業ばかりだったり、自分の時間を作ることが難しいと感じてはいませんか?もしそうだとしたら、自分に対しての失望や仕事やストレスの発生源になって、に十分に眠ることが出来ず気力を奪われ尽くされてしまう可能性もあります。

もし、そんな環境を変えたいと感じているとしたら、
新しい環境や出会いによって解決出来るかもしれません。

環境を変えることで、今のままでは見つからなかったあなたが無理せずにステップアップ出来る可能性があるのです。

なぜなら、人はもともと、環境に適応することに強い生き物だからです。
人は寒さに強い毛皮や、海を泳ぐためのヒレは持っていません。
ですが、環境に合わせて人間関係を作り上げたり、暮らし方に変化を受け入れることが出来ます。

環境が人を作るとはこのことで、今の居場所に囚われず、別の世界に踏み出してみるとあなたが驚くほどマッチ出来る出会いもあるのです。

ですが、今あなたが仕事やその仕事環境にストレスを受けているとしたら、一歩踏み出さなければそんな環境に出会えません。夜に眠れないまでにならないまでも、「現状」に違和感や居心地の悪さを感じていたり
「このままじゃだめだ」と思っているとしたら、1秒でも早く
あなたが満足できる未来のために歩き出してくださいね。

⇒あなたに合ったキャリアの可能性をもっと詳しく見てみる

 
最新の記事を見る