不安を変える挑戦に失敗しないために

少しでも、現状の不安から脱却したい!環境を変えることで、気持ちを前向きにしたい!と考える中で、転職を考える人も散見されます。

転職と言えば、面接での印象がとても重要視されていますよね。企業で働く上で、同僚や上司になる面接官とスムーズなコミュニケーションはとても大切です。

ですが、ちょっとした「質問」が面接で失敗する落とし穴になるって知っていますか?

「一言」でお見送り?面接での質疑応答のリアルは

面接を担当する企業の面接官は応募してきた人物が自社に合っているか、
ともに働ける人物かを見定め、判断するフィルターのような役割を持っています。

外部のスタッフが面接官になるということはまずないので、相性チェックには必要ですよね。

その相性チェックは、面接の「質疑応答」で見定める場合がほとんどです。

あなたも、実際スキルがあっても会話や意思疎通が出来ない相手だと「一緒に働くのは難しい」と思う反面がありませんか?

面接官は、
「ちゃんとこちらの話を理解して応答しているか?」
「部署に配属されて、周りのペースを乱さず働けるか?」
「企業理念を尊重出来るか?」
「自分で成長する資質かあるか?」

というポイントを重視する傾向がありますよ。

なので、あなた自身にも条件や信念があるとしても、その企業を「選ぶ立場」ではなく、謙虚な姿勢を忘れてはいけませんよね。

そうは言っても、自分の意思や希望を面接で上手く質問したい!そんな時は

「謙虚でいる必要はあるけど、働く環境や人間関係、キャリアアップについて詳しく知りたい…」

このように感じることは当たり前です。これから長く勤めたいと感じるなら、なおさら気になりますし、重要ですから。

もし、単刀直入に尋ねる雰囲気ではない場合は、「逆質問」のテクニックを活用することがオススメです。

逆質問」は、実はテレワークが出来る職業でも重要なポイントです。モニター越しではより相手とのコミュニケーションを円滑にしなければ、会話が進みませんからね。

直接的な面接の場合、逆質問はかなりの緊張感を感じるかもしれません。ですが、

逆にあなたのアピールポイントや仕事に対する熱意や意欲を伝えるにはこれ以上のチャンスはありません。

さらに言うならば、入社してからの

「社風が自分にマッチしなくてもう限界…」

「勤務して1カ月だけど、
 思ってた部署ではないので
 もう転職したくてしかたない」

「こんなはずじゃないかった」という失敗に
繋がることを未然に防ぐことが出来ます。

つまり、面接での逆質問は自分の希望を伝えるためにも積極的に活用してみてください。

ですが、そうは言っても
就職・転職活動を優位にするために
好印象を受けられやすい「逆質問」はどうしても
面接に挑むポイントや職種、人柄によって異なるので

「色んなサイトを参考にしたけど
面接の逆質問のベストな正解が分からなかった」
と逆に迷ってしまうかもしれません。

キャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職では、さらに逆質問以外にも
「そもそも、面接で自分をアピールするために、
何を話せばいいのか分からない…」という場合は

企業と対話するノウハウを持ったプロを味方にすることも絶対におススメです。

⇒企業との対話のノウハウGET方法を詳しく見てみる

さらに、

自分では面接は得意と感じているから
「なぜか上手く伝わらない…」と疑問に思っているとしたら

それこそ伝え方を少し工夫するだけで成功率がグッと上がる実感が出来ますよ!

これからのキャリアアップ転職・キャリアチェンジ転職にトライしたい、2021年こそ新しい環境に踏み出したいと感じているとしたら、まずは転職エージェント「キャリサポ」を活用してくださいね。

⇒20代・30代転職エージェント「キャリサポ」を詳しくチェックする

 
最新の記事を見る