「残業が当たり前になってる」と危機感を覚えたら

突然ですが、今仕事をしているとしたら
あなたの上司の姿を思い浮かべてみてください。

もしかして、いつも最後までフロアに残って仕事をしていませんか?

上司は未来の自分とも言われています。もし、あなたが望まないのに「上司と同じになっているかも」と感じているなら、それは気を付けるべきかもしれません。

「上司のように頑張らなきゃ…」と気負ってませんか?

あなたが今、残業もいとわない同僚や上司と比べて「自分は大したものじゃない」とか、
「結果を出せないタイプで脇役」だと思っているなら
今すぐにその考え方を捨てることがおすすめです。

「どうせ自分は」と思うことで
成長を放棄すること。それはとても居心地がいい場所から
抜け出さないための脳の働きでもあるからです。

失敗することが嫌だから…
恥をかくことが嫌だから…
期待を裏切って居場所がなくなることが嫌だから…

確かにはじめから高すぎる目標設定をしていまうと
挫折してしまうということになりかねません。

ですが、いつまでもルーティーンで
自分の出来る範囲でしか仕事をしないということは
居場所を守っているようで、逆にあなたの居場所や可能性を奪っていくのです。

では、どんなハッタリや背伸びから始めればいいのでしょうか?

まずは自分の弱点克服より長所を伸ばすことからスタートする

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

イチからやみくもにステップアップをスタートしては挫折になってしまいます。
そのために一歩キャリアアップをしたいと感じる場合は
自分の得意なこと、好きなものの上を目指してください。

それから少し上の基準は、たとえば2日かかる作業を同じクオリティで1日で仕上げるなど
同じ密度で時間意識して作業を効率化させたり、
ショップ店員ならただお客さんと商品の話をするだけではなく、
さらに深く話を聞いて、共感を得ながら信頼を得てもらって商品の購入に繋げてもらうなどですね。

「ちょっとキツイかな」
「続けるのは面倒だな」
と、はじめのうちは苦労していても
次第に体や考え方が追い付いてきて
仕事の見え方が変わったり、作業スピードが上がるという
スキルアップが見込めます。

なので、はじめのうちはイチからのスキルで背伸びではなく、
あなたが日常的にしていることを効率化やスピードアップさせてみたり
得意なものをさらにブラッシュアップする方向でトライしてみてください。

少しの意識変化で変わる未来は

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

背伸びをしているうちに「この知識がもっと必要だな」
「このスキルが伸ばせればもっと効率化出来るのに」と
自然とアンテナを張り巡らせることが出来るようになります。

例えば、ショップの発注や商品管理でも
キーボードを見ながらではなくブラインドタッチした方が
スピードアップ出来ることが分かったり、

お客さんと話しているうちに
知らない話題が出たことで、ニュースや新聞も読まないと、自分を信頼してもらえないかも
感じたりなどですね。

「やらされている」から「やりたい!」に代わることで
脳は一気に吸収モードになります。
知りたいことを調べることは楽しい作業になるので、
ぐんぐん成果も上がっていきます。

ですので、もしあなたがキャリアアップしたいと感じているとしたら、
安全圏から「どうしよう」と悩むのではなく、
自分の少し得意なものから背伸びをして
自分自身に「出来る!」と信じてみてくださいね。

ですが、今の自分の長所ややりたいことが
今の仕事にマッチしていないと感じたり、

イチから未経験の仕事を始めてみたいと考えている時は
あなたのスキルアップのために転職を考えることも間違いではありません。

特に、冒頭でお話した「上司に憧れられない」
「上司のようになりたくない」と感じているとしたら
あなたにマッチした仕事を始めた方がずっと人生を豊かにするからです。

もし、ジョブチェンジやキャリアチェンジを考えているとしたら
専門の転職エージェントに相談することから
あなたの「背伸び」をスタートさせてくださいね。

⇒プロの転職エージェントを詳しく見てみる

ですが、あなたがもし
このままの仕事で着実にキャリアアップ出来て、
将来が安泰だという場合は、その企業に留まった方がいいかもしれません。

大切なことはきちんとスキルがついて成長出来るかということなのです。
なぜなら、スキルや知識、実績と経験は取り上げられるものではないからです。

スキルや実績があれば、今の会社でなくてもあなたは必要とされる存在になることが出来ます。
ですので、転職する・しないに関係なく、あなたのキャリアのために
「第一に安全圏にいないでスキルアップする・キャリアアップする」ということを放棄しないでくださいね。

そして、もし方向性が分からなくなってしまった場合でも
たくさんの選考対策を行ってきたプロの転職エージェントに相談することも試してみてほしいです。

⇒キャリアについてもっと詳しく相談してみる

 
最新の記事を見る