「仕方ないから」「そこそこでいい」と仕事を選んで後悔をする理由

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」
「地元だと、仕事の選択肢が無いな…転職したいけどどうしようかな」
「家族が心配するから、通いやすいところに仕事を見つけようと思って」

あなたはこのように、妥協から仕事の選択肢を減らしてしまっていませんか?

自分のためではなく「●●がやった方が良いっていうから」と、第三者の意見が仕事を選ぶ基準になっているかもしれません。あなたも、ちょっとした決断をするときにこんな「妥協」という考え方に邪魔をされているかもしれません。

仕事選びに妥協は必要?実際のところは

20代30代のための転職・キャリアサポート・転職エージェントのキャリサポ

例えば、「A社がいいかB社がいいか迷う…でも、どちらも自分の条件はマッチしない…どうしよう?」と迷ってしまった場合、困ってしまいますよね。

「仕方ないから、皆が良いって言う方を選ぼう」となるかもしれません。

まさにそう考えることが「妥協」なんです。

つまり「とりあえず自分の意思はさておき、皆が良いという無難な道を選ぶ」ことですね。また、悩む時間がもったいないからと即決してしまうことも「妥協」に近いかもしれません。

ですが、そういうと「妥協」することはあまり良い聞こえ方をしませんが、生きていく上では「妥協」は必要な能力です。たしかに「妥協」せず身の丈に合った選択をしないことで、逆にそもそもやらなければいけないことが達成出来ないことになったり、つい「なんとかなる」と高い買い物をしていざというとき必要なものが揃えられなかったり…。危機管理として「妥協」はとても重要です。

ですが、あまりに「妥協」をしてしまうこともよくないと言われています。それは、本来すべき行動を制限してしまうことにあるからです。

妥協ばかり…それががアダに?こんな状況は…

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

妥協は人間が生きるために、ある程度備わっているものです。ですが、ただ「こんなもんか」「無難に」と妥協精神に従っているだけでは成長に限界を感じるかもしれません。

例えば、会社で「どうせそこそこの成果を求められているから、作業に時間をかけたくない」と思って妥協をするとします。残業することは損ですからね。

ですが、妥協をせず納期まで完璧を求め完成度が上がることで「信頼」という目に見えない財産を得ることが出来ます。信頼は積み重なることで力を発揮するものなので、思わぬ場面であなたの支えになることもありますよ。

目の前の生活を守るために妥協は重要な鍵になります。ですが、妥協だけに執着してしまうと、もう少し先に進めば手に入る実績やスキル、そしてそこから開ける可能性という芽を潰してしまう状態になりかねません。

ところで、あなたが仕事をしているとしたら
「こんなに頑張って働いているのに全然待遇が良くならない!」
「こんな会社ダメだ!終わってる!」

ということをしょっちゅう言っている人はいますか?
それとも、あなたも言ってしまいますか?

もしそうだとしたら、先ほどお話した「妥協」に縛られている状態かもしれません。

実は、「妥協」して会社選びをして満足したにも関わらず、想像していたよりも企業の体制が整っていなかったり、不満続出の環境に自ら飛び込んでしまった…なんてこともありますから。

もっといえば、「定時に帰してしてくれない」と思っているとしたら
あなたは自分が作業スピードを上げる努力をするのではなく
企業に代わってもらいたいと期待しています。

してくれて当然、そうするべきだという気持ちが勝ってしまうと
それは「妥協」ではなく「依存」と言えるのです。

もしそんな状態が続いているとしたら、「自分」か「環境」を変えることから自立出来る道を選ぶことがおすすめです。

なぜなら、会社に依存をしているままでは、あなたは本当の意味で「自立」することが難しいからです。自立していないということは、軸がぶれていて、企業や社会に決定権を渡すに近いんですよ。

そうなってしまうと、本来あなたが出来るはずのキャリアアップの可能性も潰してしまいます。それは本当にもったいないことです。

少しでも悩んでいるのなら「妥協」や「こんなものでいいや」と思うのではなく、出来るだけ目標は高く
「本当の自分らしく自立」した働き方が出来るやりがいのある働き方を選んでくださいね。

そのためにはまずは、「妥協」しないあなたらしく働くとはどんなものか、キャリアカウンセラーを活用して発見することからスタートすることがおすすめですよ。

⇒1万人以上サポート実績のあるキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

 
最新の記事を見る