自分は会社に必要とされてないと感じているのなら


ゴールデンウイークの初日ですが、自粛期間中では息苦しさを感じてしまいますよね。
あなたはいかがですか?休暇を楽しめていますか?
それとも、ストレスを感じてはいませんか?
気持ちを紛らわすためにSNSを覗いてみるかもしれません。

SNSには同じような気持ちを抱える人を見つけることが出来ますよね。たとえば、

「ゴールデンウイークは嬉しいけど、休み明けに満員電車に乗って仕事に行きたくない…」
「スーツを着て出社するより、好きな場所で好きな音楽を聞いて仕事した方が良いのにな」
「緊急事態宣言が明けてもリモートワークが出来ない会社なんか辞めて、リモートで仕事が出来る企業に勤めたい

このような様々な気持ちです。
少しでもキャリアアップや自分にとって不満を感じない、やりがいのある仕事、待遇で納得出来る仕事を実現したい!と思うと転職を考えてしまうもの。

突然ですが、キャリアアップ転職、キャリアチェンジ転職を絶対に成功させたいと思ったら、何が必要だと思いますか?

それは、目指す職種や企業に求められている人材かかどうかです。

どんなに高スペックなエンジニアでも、寿司職人になるには包丁が扱える人材にならなくてはいけませんし、逆もまたしかりですよね。
もし、あなたが今キャリアアップ転職・キャリアチェンジ転職を考えてるとしたら
まずは第一に「どんな企業で」「どんな風に働きたいか」というイメージを固める必要があります。

自分の理想とする働き方を見つけるためには、「今の仕事以外にも可能性があるんじゃないか」と思いつつ、「企業に求められる人材になっているかどうか」は絶対にチェックしてくださいね。

あなたのしたい仕事ってどんなもの?どんな仕事がベスト?

ですが、そうは言ってもキャリアアップ転職・キャリアチェンジ転職をする動機として

・楽しく作業出来て苦痛じゃないこと
・成果をあげることが楽しい

というものをイメージするかもしれません。

確かに、好きなことなら何時間でも仕事出来て、仕事をすることが苦痛に感じませんよね。
さらに、それだけではありません。好きで取り組める仕事としては

「もっと改善出来る場面があるのでは?」と問題個所を見つけたり、
「もっと生産性を上げるにはこんな施策を行う必要がある」というアプローチすることが出来る、ということも可能にします。
もちろんセンスの良しあしもありますが「好きこそものの上手なれ」という言葉のように、熱量が味方になってくれます。

そして、仕事に向上心を感じられるものは探せば探すだけ見つかります。
ですがその仕事は人によっては価値を感じられなかったり、退屈な仕事かもしれません。

それでも第一印象で「ダメそう」と感じたり、「そんなことしちゃだめだよ」という人の意見だけではなく、実際にトライしてみることで意外な楽しさや続けられる目的を手に入れることが出来るかもしれません。

あなたの求める企業探しには第三者の目線がポイント

さて、そうは言っても
「自分にとって続けられる、続けられる企業選びなんて出来ない」
「もう何回も転職したけど…結局続けられないから、自分を必要とする企業なんてないんだ」
こんな悩みを、もしかしたらあなたはすでに抱えているかもしれません。

人はつい集中してしまうと、物事の一面しか見れなくなってしまいますし、
メンタルが弱っていても物事が長期的に見ることが出来なくなりますよね。

そんな熱中したり、落ち込んで視野が狭くなっている状態だと、

◆人の話が聞けない
◆目の前のことしか見えなくなる
◆とっさのことに対応できない

という状況で、自分の気持ちにも素直になりにくいんです。
あなたも、何かに集中していると
話しかけられても気づかず内容が入ってこないという経験をしたことがないですか?

集中することそのものは良いですが、結果としてダメだと感じる一部分ばかり目についてしまったら、成長するということに希望が持てず、自分からチャンスを掴んだり、新しいことにトライすることが出来なくなってしまいます。

なので、自己分析を失敗させないためには自分以外の
「第三者(他人)の目線」を取り入れることが絶対にオススメです。

あなたにとっての「皆が出来て当然」、というスキルが当たり前じゃないことや、ネガティブに捉えていた短所をアピールポイントとして活用することも出来るのです。

客観的な目線を取り入れた自己分析は新しい自分を見つけるきっかけになりますし、興味があるけど自分には無理…とすぐに諦めてしまうことも避けられます。
また、逆に意識していなかった苦手な部分も発見出来て対策を立てることも出来ますよ!

特に転職や就職活動を考えている場合は選考対策の対応件数の多いキャリアアドバイザーに自己分析のサポートをしてもらうということも忘れないでくださいね。

⇒徹底的にキャリアアップのための自己分析をしてもらう!

 
最新の記事を見る