【転職で聞かれる】企業に求められる社会通念と新しい考え方は?

コロナ禍において「終身雇用制度」から「通年採用」、そして「ジョブ型雇用」など新しい働き方が当たり前になってきました。

常識」や「社会通念」というものは時代の波に左右され、「当たり前」で「変わらないもの」はないと言えます。

さらに「常識に思っているけど実は常識じゃない」という認識が働き方にも関わっているって知っていますか?

その常識はあなたの常識?企業の常識?

もし、あなたがそれこそ「常識」という言葉を日常的に使っていたとしたら
ちょっと考えてみてほしいのです。

例えば、
あなたが初めて企業で働いたとします。
今まで大学に通って、講義を受けていたのに、いきなり7時間から8時間を拘束され、黙々と作業をする…という習慣はいきなり慣れることが出来ませんよね?

「これがこの会社の当たり前」と言われてもきっとストレスを感じてしまいます。

ですが、そこに上司や先輩社員が
「まだこんな簡単な仕事に時間かけてるの?1時間で終わらせるのは常識だよ」
と言ってきたらどう思いますか?

「いやいや、そんなの知らないよ!」
「この企業では常識はかもしれないけど、働き始めたばかりで知るわけない!」と
腹が立ってしまったり、

「こんな常識を知らないなんて
自分はどうしようもないヤツだ…」と
落ち込んでショックを受けてしまうかもしれません。

常識」というものは誰にでも当てはまることではなく、
たいてい発言する人の主観や慣れということが良く分かると思います。

人にとって「常識」は違う…でも働く上で知っておくべきことはあります

全てが「常識」「当たり前」で片付くものはないというお話をしました。

働き方によってはその「常識」という思い込みがあるせいで
誤解や対人関係に溝を生んでしまいかねません。
逆にあなたの口癖になっているなら、注意が必要ですね。

ですが、そうは言っても
あなたがこれから働きたいと思う仕事がある場合、
その業界の「常識」を必ずリサーチした方が有益なことがあります。

なぜなら、あなたはその仕事を通してキャリアアップをするために、まずはその企業に対して成果を挙げなければならないからです。

そのためには上司からの指示もしっかり理解する必要があります。
業界用語や関連キーワードを知らないままだと、正確に指示を受けることが出来ませんし、理解するまでに時間がかかってしまいます。

ですので、もしあなたが何か仕事で成果を挙げたい場合は、その仕事の「常識」のリサーチを忘れないでくださいね!

そうは言っても未経験の職業の「常識」が分からないならどうすればいい?

常識」や「知識」を調べるにも、あなたが未経験職種にトライした場合は、何から覚えれば良いか困ってしまいませんか?

もし、あなたが何が「常識」かを知りたい時は、
◎その職種の知り合いに聞いたり
◎プロのキャリアアドバイザーに相談
 することで解決出来ますよ。

特に、ピンポイントで知り合いがいないという時は
選考対策や面接対策の実績のあるキャリアアドバイザーは、習得が必要なスキルや
知っていた方が良い知識を分かりやすく教えてくれます。

さらに、選考対策に強いキャリアアドバイザーなら
面接対策や自己アピールのポイントまで見てくれるので安心ですよね。

なので、もしあなたが未経験からのジョブチェンジやキャリアアップを考えている場合は
自己流で調べたり、勉強をするより前にキャリアアドバイザーに相談するアクションを起こすことがオススメです。

⇒1万人の面接対策実績のあるキャリアアドバイザーを詳しく見てみる

「でも、わざわざキャリアアドバイザーに相談しなくても
調べることくらい出来るんじゃ?」と思ったかもしれません。

もちろん、調べることは出来ます。
ですが、「業界の常識」というものは目まぐるしく更新されていきます。
常に新しい情報をアップデートしたい場合は、常に自分でも知識を探さないといけないので、
時間も手間も取られてしまいますよね。

キャリアアドバイザーに相談することで、あなたは別の作業やスキルアップに時間を使うことが出来ます。
出来るだけ力を借りられるものを活用することで
あなたの貴重なリソース(時間・資源)を余分に使うことはなくなりますよ。

⇒あなたをサポートするキャリアアドバイザーをもっと詳しく見てみる
あなたが「常識」と感じていることでも
次に活かせる新しい発見があるかもしれませんよ。
常識と思ったり、それが理由でジョブチェンジを諦めているとしたら
まずは出来るだけ新鮮な現場についての知識をつけて、対策をしてくださいね。

 
最新の記事を見る