ジョブディスクリプションが転職に不可欠な理由

あなたは「ジョブディスクリプション」というワードを聞いたことはありませんか?

日常会話ではなじみがありませんが、転職・就活市場でジョブディスクリプションはかなり重要と言えます。今回の記事ではこの「ジョブディスクリプション」について解説いたしますね。

ジョブディスクリプションって何?ビジネスシーンでの意味は

ジョブディスクリプション】とは
就業するために必要なスキルや資格を具体的にまとめたテキストを指します。日本馴では染みが薄いですが欧米のビジネス市場には必ず必要になり、ジョブ型雇用の広がりを見せる日本でも大手企業から注目をされています。

つまり、企業にとって必要なポストにおいて、求める人物像がはっきり定められているということなんです。

ジョブディスクリプションは企業の人事部や部署によって作成されているので、新卒採用から研修、適性部署へ配属するというコストを省く働きもあるということですね。

ジョブディスクリプションを取り入れることで、

・人事のマネジメントを円滑に行えて

・企業の生産性が上がり、成長・拡大が期待出来る

ということなんですね。
さらに、それだけではなく必要なポストへ必要な人材を配置するためにジョブディスクリプションはジョブ型雇用にこそ重要と言われています。

なぜならジョブディスクリプションという言葉の意味には
「仕事の役割をはっきりとすみ分けする」ということも含まれているためです。

ジョブディスクリプションがされている企業の特徴・デメリットは

「この会社はジョブディスクリプションを大事にしているから仕事しやすいよ」
ジョブディスクリプションされてるからストレスフリーだよ」

ジョブディスクリプションは、人事のマネジメントに関わらなくても耳にします。
ジョブディスクリプションが指す意味は
「与えられた仕事のみに集中が出来るようにするために
それぞれ割り振られた仕事のみを行う」という一面もあるためです。
具体的にどういう意味かというと、

たとえば、あなたがレストランのシェフだとします。
オーダーされた料理を最高の状態で提供することが仕事ですよね。
ですが、シェフなのに、お客さんにお水を出して、注文を取って、
調理をして、配膳して、さらに皿洗いまでしていたらどうですか?

どのコミュニケーションも大事ですが、シェフとして求められてるパフォーマンスに全力を出せませんよね。

これはいわゆる「ジョブディスクリプション出来ていない状態」です。つまり、
営業職なのに、事務処理や部内の雑用を並走していると、力を入れるべき顧客とのやり取りに注力することが難しいことと同じです。

それぞれのポストで業務に全力を出し、それぞれが生産性を上げることが求められることがジョブ型雇用なので、まさにジョブディスクリプションを取り入れる企業体制は重要と言えます。

欧米ではこのジョブディスクリプションはやはりハッキリとすみ分けがされているので、
「自分以外誰もしないから…」と雑用を買って出る必要もありませんので、働く上でしがらみを少なくし、与えられた課題や施策に取り組めるメリットが期待出来るんです。

ですが、このジョブディスクリプションにこだわるあまり、同じ企業なのにコミュニケーションが断絶してしまったり、人員に余裕のない中小企業にはどうしても取り入れられないというデメリットも見られます。

また、企業理念においてあえてジョブディスクリプションを取り入れていないという企業もあるので一概に「ジョブディスクリプションを行わない企業はよくない」というレッテル貼りも注意すべき点です。

ジョブディスクリプションがマッチする企業で働きたい!そんな時はキャリサポ

キャリサポは20代・30代に特化した転職エージェントです。
もしあなたが現状の働き方やジョブディスクリプションに不安を感じるのなら、まずはキャリサポにご相談ください。

約10,000件の求人と非公開求人から、ジョブディスクリプションのマッチするあなたがあなたらしく働ける企業が必ず見つかります。

web面談や無料カウンセリング時に履歴書と職務履歴書を提示していただけると
即日でも案内可能案件もありますのでお気軽にご相談ください。

あなたのご連絡をお待ちしております。

⇒1万人以上の選考対策実績の転職エージェントを詳しく見てみる

 
最新の記事を見る