転職活動のNG行動5選をチェックして危険を回避して

 
あなたは今、自分の仕事やライフスタイルに満足していますか?
もし、満足できず逆に不安を抱えているという場合は
すぐにでも転職活動を考えているかもしれません。
 
そもそも<転職活動>とは
「現在の職業や会社から別の職業へと変わること・異動することへのアクション」です。
ですが、ただ漠然と「職場を変えたくて」という理由で
転活をする人はまずいませんよね?
 
最初にお話しましたが
転職活動をしたいのは、ライフスタイルをグレードアップしたかったり、
仕事でやりがいを得たいなど、解決したい問題がありますよね。
 
例えば、解決したい問題として
 
◎今より年収アップ
◎今あるスキルをさらに向上
◎長年の夢の実現
◎人間関係や環境がもっと良いところでストレスなく働きたい
このように様々です。
 
つまり、人によって求めるニーズや目指す目標が当たり前ですが細かく違ってくるので、転職活動といっても人それぞれアプローチ方法が異なります。
人によって成功体験の転職活動も、あなたにも当てはまるとは限りません。
 
ですが、転職にアプローチする方法は、そこまでバリエーションがあるとは考えにくくないですか?つまり、
 
「今すぐに目指す生活のために転職しよう!」と思っても
 
転職活動の入口になるサービスは知人や友人の紹介や
ヘッドハンティングでもない限り、とりあえず転職活動サイトに申し込んでみた、という声が寄せられます。
 
最初に専用サイトに登録すれば、
例えば求人サイトなら
 
■数多くの業種から未経験からでも複数応募可能
 
■自分のペースで働きながら面接の予定管理が出来る
 
ということはもちろん、エントリーだけではなく、転職求人サイトの検索で応募企業を比較することも出来ますよね。
 
しかし、残念なことにそれでも転職活動を繰り返す転職難民が後を絶たないのは
転職のNG行動の積み重ねてしまったせいかもしれません。
 

転職活動のNG行動5選!あなたも当てはまってない?

 
①まず仕事を退職してしまう
 
いきなり「転職のために仕事を辞める」というパターンは良く見られます。ですが、これはNGです。
辞めざるを得ない状況にない限り、収入を絶ってしまう状況や、転職をする企業と比較が出来る現職は出来るだけ辞めずに、在職中に転職活動をすることがおすすめです。
さらに、退職をしていると応募先の企業にも「なんでなんのアテもなくいきなり辞めたんだ?」と不信に思われてしまうキッカケになりかねません。
出来るだけ、焦らず在職中に転職活動をすることでリスクを回避することが出来ますよ。
 
②転職の手順が分かってない
 
「まずは履歴書を作って、それから…何が必要?」と転職活動のスムーズな手順が分からないうちに転職活動をすることは危険です。
転職活動は思いつきの見切り発車ではなく、必要な書類や資格、自分をPRするためのポートフォリオなど準備したうえでスタートをした方が間違いや時間や費用のロスがありません。
いざという時に、必要なものがなかったという理由でエントリーすら出来なかった…と後悔してからでは遅いですよね。
 
③スクールに通えば解決すると思っている
 
現在、ITエンジニアに転職するためにプログラミングスクールに通ったり、資格の学校やエクセルを学ぶためにパソコンスクールに通う人も珍しくありません。
もちろん、スキルや資格を手に入れることで転職活動はスムーズになる場合もありますが、スクールに通えば必ずしも転職成功するというわけではありません。
スクールはあくまで基礎を学ぶ場所なので、応用を勉強するには自分自身でリサーチをしたり、転職活動は別に行うということも重要です。
 
④転職に対する自主性がない
 
どこか自分の転職活動なのに、前向きに行動をしない、消極的、という状況ではマッチする企業と出会うことが難しくなってしまいます。
また、特にこだわりがなく、とにかく転職をしたい!という場合でも、「この企業で働きたい!」「この仕事に就きたい!」「入社したい!」という気持ちや決意が面接官に伝わらないというのは不利になってしまいます。
「どうにかなる~」と転職活動をすることは間違いではありませんが、成功率や可能性を低くしてしまうので、前のめりで転職活動を検討してみてください。
 
⑤転職エージェントのアドバイスを聞かない
 
もし、あなたが転職活動のためにアドバイスを行う「転職エージェント」に相談したとしても、客観的な意見を取り入れなければ意味がなくなってしまいます。
「あなたは営業職より接客業やサービス業に適性があります」とアドバイスを受けたにもかかわらず、「いや、絶対ITエンジニアにになる!」と目指しては意味がありません。
転職エージェントの全ての意見をうのみにするわけではありませんが、
転職エージェントのアドバイスを聞く以上、自分にとって都合の悪いポイントにも耳を貸さなければ、転職活動が不利になりかねません。
 

5つの転職活動のポイントを克服したい…でも難しいと思ったら

でも、そうは言っても、さきほどお伝えした5つのNGポイントだけではなく、
 
・実際、転職することが正解か決められずにいる…
・これからのキャリアを大切にすべきか、挑戦すべきか迷ってる…
 
という状況にあっては、自分にとって正しい判断もなかなか出来ませんよね。
 
現状維持すべきか、結局一歩踏み出せずにさらに迷ってしまい
転職活動で前に進めず現職でも不満でネガティブな気持ちになって悶々と日々を過ごすことになってしまいかねません。
 
なので、もしあなたが自分の転活やキャリアに不安を感じていているとしたら
専門の転職エージェントに相談してみることがおすすめです。
 
繰り返しますが、すぐに転職をするつもりがなくても、「転職したいな」という気持ちを抱えているとストレス過多が続いてしまうかもしれません。
ですので、まずは転職エージェントに「どんな行動から始めるべきか」相談することが解決に繋がりますよ。
 
 
今すぐアクションをしないまでも、あなたのこれからのキャリアのロードマップの参考にするためにも、転職エージェントの無料カウンセリングを活用してくださいね。
 
最新の記事を見る