自走出来る人間じゃなきゃ転職出来ない!?

春になり、新卒採用から入社する話題が目立ちます。新入社員から、気がつけば先輩になって、プレッシャーを感じていませんか?

ですが、そのプレッシャーだけではなく、後から生まれる人材に競争を強いられているって知っていますか?

特に分かりやすい例はエンジニア職です。

新しいソフトや技術開発が活発なエンジニア職は、常に自己研鑽や自習をしなければ、技術は陳腐化してしまい仕事がなくなってしまうのです。

「エンジニア」や「プログラマー」は手に職が持てる人気の職種ではありますが、入社してからの競争率の厳しさに離脱する人も目立ちます。

さらに、実感する部分は、キャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職を考えた時に
転職サイトや求人表を眺めた時です。

求人票の条件案には

「20代の活躍する職場です!」
「年齢に関係なく、実力主義の企業です」
「18~20代が活躍する職場です」

などの記載があります。そうすると、

「やっぱり20代のうちに転職活動しないと可能性の限界がすぐ来てしまうんだ…」

などのマイナスな印象を受けてしまいますが、「自走する力」があればクリア出来る可能性は高いです。

本当にある?歳で制限される転活の打開策は

結論から言えば、国家公務員のような資格獲得試験の年齢規定がない場合、スキルによっては内定を獲得出来る可能性はあります。

それは、年齢を提示している場合、基本的に「これから成長する」ポテンシャルを認められるポテンシャル採用が基本ですが、年齢相応のスキルや技術があることでクリア出来るためなんです。

つまり、年齢によって条件が提示されている場合でも、条件を周知した上で

「即戦力として貢献したい」

「これまでのスキルや実績を活かせる能力がある」

ということを熱意を込めて採用担当者にアピールすることで内定獲得の成果に繋がる場合があります。

そもそも年齢によって法律によってエントリーを禁じてはいませんし、絶対的な条件ではありません。

ですが逆に、企業が定める歳相応の実力がないとなると、そもそも面接までも進めなかった、という体験談も散見されます。

しかし この問題は裏を返せばスキルやキャリアをアップすることで解決し希望する職種に内定を得られる可能性も十分にあるということです。

そして先にお伝えしましたが、公務員を希望しているなら資格を獲得するための試験の受講、また、そのほかにも同じく厚生労働省の定めるガイドラインにも定められている一部の例外として年齢制限を設けている特殊な職種も少なからずあります。それはなぜだと思いますか?

なぜ企業は求人者に歳の条件を提示しているの?

そもそも制限がないなら歳を示したり、制限を設ける必要ないはと思ってしまうかもしれません。

それは企業としてもそもそも存続して生産性を高めていくために
重要なポイントでもあるからです。
顧客の求める商品を扱っている企業の場合など
アイディアや企画力が問われる場面がある場合、
求人票に年齢を明確に表記するのです。

ですので、必要なスキルや実績があれば適正と考えて採用する可能性が十分にあるんですよ。

このような求人に対しては企業理念や市場をしっかりとリサーチし
理解を深めた上で

◎十分な実績やスキルをアピールする

という、このポイントを
しっかりクリアする必要があります。

理想のキャリアアップの他に、企業にとって魅力的な人材とは何か?を意識してみてくださいね。

そうは言ってもひとりで対策するなんて無理…解決方法を今すぐ知りたい?

でも、そうは言っても「実力とキャリアや実績なんて、欲しいと思って手に入るものじゃないじゃん!」

「自分では十分だと思うけど、、企業にとっては魅力的じゃなかったらどうしよう…」というような心配を抱えてしまっていませんか?

確かに、人の実力は見て分かっても、アピールする肝心の自分の実力ってなかなか判断できないから困ります。

そんな時こそ、あなたが同僚や先輩、さらに友人を評価するように客観的にキャリアを分析してくれるキャリアアドバイザーのカウンセリングが絶対におススメです。

「キャリサポ」では、専任の転職キャリアアドバイザーが
あなたの目指す職種や企業に向けてサポートします。

あなたの強みや職業適性を1対1のヒアリングを通し
徹底的にスキルアップのために問題解消に導くので、まずは無料カウンセリングからスタートしてくださいね。

なかなか一歩を踏み出せないという時はひとりで悩まずに「キャリサポ」を
あなたの理想のキャリアアップ転職・キャリアチェンジ転職のためにご活用ください。

 
最新の記事を見る