「あの人はどうしてネガティブじゃないの?」前向きになる5つの鍵

 

「最近、自分が落ちこぼれに感じて…」
「緊急事態宣言が終わっても、将来どうなるんだろうと漠然と不安になる」
「体は怪我も病気もしていないのに気持ちは沈んでいてバランスが取れていない」

あなたはふと、ネガティブな気持ちで辛い…と
感じたことはありませんか?

これは、あなたが人一倍頑張り屋だったり、真面目な性格をしていたり
周りの人へ気遣いを意識していれば陥りやすい状態です。休まず努力することが当たり前になってしまうなど、頑張り過ぎてはいないですか?

自分は何も出来てない…かなりプレッシャーになってない?


子どもの頃に遊んでばかりで家の手伝いをしなかった時など親に言われたことがある!という経験はありますか?

先にお伝えしましたが、あなたが自分自身で意識をしていないうちに相当無理をしている可能性があります。

ですが「有意義な何かをしていないと悪だ」というプレッシャーは原動力になる一方、
ストレスの負荷から何も出来なくなるという無気力も生んでしまいます。

あなたはいかがですか?
もし、今「正直、疲れて何もやる気がない…
どうしよう」と困っていたとしても
安心してください。

落ち込んだ気持ちを立て直すために必要な4つのポイントを出来ることから取り入れることで、プレッシャーで潰れてしまった気持ちを立て直すことが出来ますよ!

すぐに実践して!心を立て直すために必要なこと5つ

【外に出てみる】

海で潮風を浴びたり、山で森林浴をすることはかなりおすすめです。
自然と触れることで「セトロニン」という自律神経を落ち着かせるホルモンが出やすくなったり、
緑を見ることで目が休まります。
さらに、海や山など自分よりはるかに大きな存在に触れることで自分の悩みが小さく感じたという体験談も散見されます。
身近に自然がない場合、少し足を延ばすことで気分転換にもなりますよ。

【何もしないをする】


何かしないと…と思ってもはかどらない時は、「行動したい!」と思えるまでひたすらぼーっとすることも有効です。
人によってかかる時間はそれぞれかと思いますが、何かしなきゃ!という視点を少し変えて「何もしない」をして自分の内面と向き合ってみてください。

【これからやりたいことを何か?を考える】


何もやる気がしない…という時、あなたが3年後までにやりたいことを書き出してみてください。
多少背伸びしても、実現したいことをひとつひとつイメージすることでワクワクする気持ちが自然と溢れてきます。
紙に書くことで必要な情報にアンテナを張ることが出来ますし、前向きな気持ちが育ってきたら、目の前のことに集中して落ち込みづらくなるので、気が付いたら自然と体が動いていますよ!

【今の自分がちょうどいいと考える】

「もっと頑張れる…」「自分はあの人より努力してない…」

自分を極限に追い詰めることで成長は出来ますが、頑張り過ぎるとガス欠になりますし、成果が出ない自分に失望してしまいます。全力疾走は成果が早く手に入るようですが、中長期的に見ると伸びしろが失われては元も子もありませんよね。

なので、頑張れていない、と自分を責めるのではなく、「そんなところも自分だよね」と受け入れることをトライしてみてくださいね。

【助けを求める】


さらに効果的な気持ちの立て直す方法は
「助けてほしい」ということを誰かに伝えて力を借りることです。

あなたが真面目だったり、頑張り屋な分
自分のいたらなさは努力不足だったり
弱さに感じてしまうことかもしれません。

ですが、何でも自分で完璧にこなせる人はいません。

逆に、あなたから見てポジティブな人だったり、失敗しても落ち込まないで再挑戦出来る人は
自分ひとりでは何も出来ないことを知っています。

むしろ、自分の弱さを他人に語れる方が強いことなのです。

もし、あなたが全ての問題を自分のことのように感じて
解決しようと思っているならいったん自分から切り離して、
人からアドバイスを貰ってみることがおすすめです。

あなたが今自分にネガティブだと感じると思っていたら
今回ご紹介した5つの方法の1つだけでもすぐにでも行動して、モヤモヤした悩みにピリオドを打ってください。

さらに、あなたが職場の環境そのものを悩んでいる場合は、選択肢として転職を考えてみることも間違いではありません。
人は環境によってポテンシャルが変化していきます。
ですので、あなたが抱えている悩みの原因の中心に職場の人間関係によるものなら、場所を変えることで改善されることがあるんです。

何より、今の働き方にストレスを感じている場合は
もっとあなたがあなたらしく働ける出会いを通じて
ネガティブを払拭して、毎日やる気に充ちたやりがいのある「仕事」が出来るはずですよ!

あなたがもし、これからのキャリアで、新しい働き方をイメージしているとしたら、
出来るだけ早いアクションをしてくださいね!

⇒自分にマッチした働き方をもっと詳しく見てみる

人はストレスによって消耗してしまうせいで、
せっかくの休みなのに全力で楽しむことも出来なくなってしまいます。

あなたのワークライフバランスを保つためにも、
これからの選択を「心に従って」行ってみてほしいです。

 
最新の記事を見る