こだわりの強い人は社会人終了する!?

突然ですが、あなたの職場や身近な人にこだわりの強い人っていませんか?

例えば、

◎初デートの日はいつも決まったプランを実行したり
◎同じお店で同じメニューしか頼まなかったり
◎家のハンガーは全て同じデザインにしたり
◎決まったルーティーンを崩したら不機嫌になる

等々です。

たったひとつでも、こだわりや譲れない信念があるということは良いことですよね。
ですが、あまりにも融通が利かずに自分の意見を曲げない、という状況は

「この人には何を言ってもムダなんだな」
「どうせ否定されるから、何か相談するのはやめとこ」
「オススメしてもむしろ怒ったりしそう」
「否定してるわけじゃないのに逆切れしちゃうんだよな」
というイメージも抱かれかねません。

確かにこだわりがあるということは、
体質的な問題や選択肢がないからという理由を除いて、
自分の中で大切なものや必要なものが分かっているということです。

ですが、日常生活や特にチームで行う仕事では「意見を折らない」という人材は厄介です。
あなたの職場にももしかしたらいるかもしれませんね。

「意見を折ったら負けだ」と思う心理に悩まされてる?

「この文字、ちょっと読みづらいから大きく表示したら?」
「先方の要求で特典の表示を見やすくしたいんだ。だからもう少し目立つ位置に修正した方がいいと思わない?」

1枚のセールのチラシをを作るのも客観的な意見が重要です。
たかがチラシ、と思うかもしれませんが、印刷する以上コストがかかってしまいますし、さらにミスをすると取り返しがききません。
成果を挙げるためにも、意見を交わして良いものを作るべきですよね。
ですが、あなたが気になった部分を「良かれ」と思って伝えたとしても

「いや、この形式でもお洒落に見せた方が良いから」
「相手の言う通りにすればいいってもんじゃないよね?読めばわかるからこの位置で大丈夫なの」
「そんなに言うなら先に教えてよ!もう知らない」

なんて、プロらしからぬ反応があると困ります。

こだわりが強いとその分、ブレない意思が頼りになったり心強い反面、
「折れたら負け」と言わんばかりにぶつかり合いになってしまうと話が進みません。
さらに、職場の雰囲気も悪くなってしまいます。

もし、身近で話し合いをする雰囲気ではない場合、個人同士で解決するより上司に状況を説明して、判断してもらった方が良いかもしれません。

こだわりの強い人は社会人失格?もし自分がそうだとしたら…

もちろん、「こだわり」のものを持つことであなた自体が幸せを感じることが出来るのなら必要です。
毎日楽しく充実していることが「こだわり」のおかげなら、無理に手放す必要はありませんよ!

つまり、「そのこだわりは邪魔だから必ず捨てろ」という意味に取ることは要注意です。
先にお伝えしたように「こだわり」は「軸がブレない」「頼りになる」というように長所でもあります。

こだわり」があることで仕事が丁寧だったり、自信があったり、
細部を見ることが出来たり、知識が豊富だったりとスキルアップにも繋がるからです。

ですので、あなたがもし、別の働き方やキャリアアップを考えているとしたら
「持つべきこだわり」と「捨てた方が良いこだわり」を見極めることからトライしてみてくださいね。

そうは言っても「必要」「不必要な」こだわりはどうやって判別するの?

あなたが絶対に守りたい「こだわり」の条件と
「まあこれくらいなら良いかな」という境目が分からなくなってしまったことはありませんか?
そんな時は、しっかり状況に応じて調べる必要があります。
求人サイトや求人票をしっかりチェックして、

「家から1時間の移動時間があるけど、引っ越せば30分だからそんなに悪くないのかな」
「未経験だけど、研修制度が充実してるなら安心かも」
「キャリアパスがしっかりしてるから、実績を積むことが分かりやすいかも」

というように、「こだわらなくても良い」部分を少しでも多く見つけてみてください。

1つ1つ「こだわり」に合わせてリサーチ…そんなの出来る?無理!なんて時は

ですが、「こだわり」を持って企業や職種を調べると言っても時間がかかったり、
そもそもどうやって調べれば良いか分からないという場合がありますよね。

ですが、「忙しいから」「どれも一緒だから」「とりあえず応募してみよう」と言って、
転職活動では「こだわり」を捨てるのは危険です。

なぜなら、転職エージェントや転職サイトの紹介に合わせて大量の企業にエントリーしても、「どうして自分はここで働きたいんだろう?」ということが分からないままだと
仕事に対してやりがいが見い出せず、早期離職を繰り返してしまう可能性が高くなるのです。

ですので、「とにかく大量エントリーだ」と思う前にプロのキャリアアドバイザーに相談してみた方が近道です。
あなたの守りたい信念や軸を折らずに、「こんな働き方も出来ますよ」というアドバイスを
ひとりひとりにフィットするようにアドバイスしてくれるからです。
大切な時間を余分に使うこともありませんし、労力も温存出来ます。

⇒あなたへのキャリアのアドバイスを詳しく見てみる

もしかしたらあなたは、
「こんな厄介なこだわりなんて、持ってなきゃよかった…」と
自分を責めてしまうところがあるかもしれません。

こだわり」さえなければ、もっともっと働ける可能性が開けるのに、と。
ですが、繰り返しになりますがあなたの「こだわり」は大切な長所です。

あなたの仕事のこだわり

◎仕事を完璧にしようと考えたり
◎深い知識を持つことが出来たり
◎やる気を持って周りを引っ張ることが出来たり
◎自分をしっかり持っていることが周りに伝わる

というメリットがあるんです。

なので、あなたの「こだわり」を完全に捨てるのではなく、
「あなたらしく」働き方を見つけられるような行動が大切です。

そのためにもまずは、
あなたの「こだわり」とあなたにマッチする働き方を見つける行動のために
数多くのキャリアサポートをして面接対策を行っている
現役のキャリアアドバイザーに相談してみてくださいね。

 
最新の記事を見る