絶対の首尾一貫VS融通無碍の勝者は

突然ですが、今年の1月に立てた目標をあなたは達成出来ましたか?

もし、なんだかうまくいかなかった…だけど、首尾一貫したいという気持ちだけが膨らんでいる状態になっていませんか?

もちろん、あなたは今の質問に一瞬で「yes」と答えましたよね?

首尾一貫するべき場所はどこ?

さて、読み進めてくれたということは、あなたはとても真面目で、人との約束を破ることと同じくらい、自分の決め事を破ることに罪悪感を感じるタイプではないでしょうか?

でも、そうは言っても、、、毎日のイレギュラーな問題やコロナ禍で、あなたが理想通りの毎日やスケジューリングが出来ずに、結果がついてこなかったかもしれません。
でも、そんな問題で悩みあなたに、もしかしたら友人はこんなこと言うかもしれません。
「いや、別に最初に立てた目標が絶対なわけじゃないでしょ」と。

それでも、あなたが最初に決めた目標や意思を首尾一貫すべきだと感じてしまうのはなぜだと思いますか?

それは、「一貫して物事に取り組まないのは悪」と感じているからかもしれません。その他にも目標を貫かなきゃと感じてしまう一因として

■目標を設定した時の雰囲気だったり

■将来のために重要な決め事と感じていたり

■コストパフォーマンス向上のために必要だと感じていたり

■自分の座右の銘や理念だからだったり

■達成することで感じられる気持ちを大切にしていたり

■目標一本に取り組むストーリーに価値があると感じていたり

という、こんな首尾一貫する理由が目標の前にあるからかもしれません。

実はあなたが首尾一貫という価値観を持っているからと言って
それは必ずしも始めに立てた目標達成することが正解ではないからです。

たとえば首尾貫徹の対義語には【融通無碍】(ゆうづうむげ)という言葉があります。この言葉は型にはめて物事を進めるより、時と場合を考慮しながら自由きままな考え方をする、ということを指します。

つまり、首尾一貫するあなたが目標を変えたとしても、問題に取り組む姿勢を忘れない限り、問題は解決を目指すことが出来るということですね、

なので、もし「このやり方じゃなきゃ嫌だ」と思うことがあるなら、
「何でそう感じたのか?理由は?」と深堀をしてみてください。
首尾一貫が邪魔になって選択出来なかったものの見え方が変わるはずです。

ですが、個人的な目標なら「融通無碍でもいいや」と考えても、生活で重要な働く上で必要な決め事にはどうしても首尾一貫すべきと考えてしまうかもしれません。

働く上で「首尾一貫」と「やりたいこと」は似ているわけではない?

「この会社の福利厚生の手厚さがいいと思う」
「この職場なら私のスキルが活かせる」

働くという時に、自分の決めた条件をもとに企業を選んだかもしれません。
あなたも待遇や家からの距離など、様々な見方で企業を選ぶのではないですか?

自分にマッチする働き方が出来なかったり、待遇や条件に魅力を感じない場合だと
スカウトメールが来ても門前払いすることもありますよね。

「ここいいんじゃない?」
「この仕事はどう?」
と言われても

「絶対上場企業じゃないと待遇が良くないから嫌だ」
「私は○○の仕事しかしたことないから、未経験からのはちょっとね」
等々、「ピンと来ない」という理由で選ぶ対象から除外してしまうのです。

首尾一貫」をしたいと考えている人の特徴はこだわっているものに一途な部分です。

こだわっているものの良さや使うメリットをしっかり考えていて、信じることが出来ているわけです。
ですが、逆にその首尾一貫は「執着」になったり、「依存」したり、
新しい比較するものをそのまま見ることが出来ないフィルターをかけてしまうのです。

そんな時は首尾一貫そのものがあなたの足かせになってしまい、よりよい選択をする邪魔をしてしまいかねません。

もちろん、首尾一貫のものを持つことであなた自体が幸せを感じることが出来たり、毎日楽しく充実しているとしたら無理に手放す必要はありませんよ!
なので、「その首尾一貫は邪魔だから必ず捨てろ」という意味に取ることは要注意です。

ですので、あなたがもし、別の働き方やキャリアアップを考えているとしたら
「持つべき首尾一貫」と「捨てた方が良い首尾一貫」を見極めることからトライしてみてくださいね。

そうは言っても「必要」「不必要な」首尾一貫はどうやって判別するの?

あなたが絶対に守りたい首尾一貫の条件と
「まあこれくらいなら良いかな」という融通無碍にすべき境目が分からなくなってしまったことはありませんか?
そんな時は、しっかり状況に応じて調べる必要があります。
求人サイトや求人票をしっかりチェックして、

「家から1時間の移動時間があるけど、引っ越せば30分だからそんなに悪くないのかな」
「未経験だけど、研修制度が充実してるなら安心かも」
「キャリアパスがしっかりしてるから、実績を積むことが分かりやすいかも」

というように、「こだわらなくても良い」部分を少しでも多く見つけてみてください。

1つ1つ「首尾一貫」に合わせてリサーチ…そんなの出来る?時間がない!

ですが、調べると言っても時間がかかったり、
そもそもどうやって調べれば良いか分からないという場合がありますよね。

そんな時はプロの転職エージェントに相談してみた方が近道です。
あなたの守りたい信念や軸を折らずに、「こんな働き方も出来ますよ」というアドバイスを
ひとりひとりにフィットするようにアドバイスしてくれるからです。

もしかしたらあなたは、
「厄介な首尾一貫しようなんて志、持ってなきゃよかった…」と
自分を責めてしまうところがあるかもしれません。ですが、あなたの首尾一貫したいと考えることは長所です。

あなたの首尾一貫の姿勢は仕事の成果として

◎仕事を完璧にしようと考えたり
◎深い知識を持つことが出来たり
◎やる気を持って周りを引っ張ることが出来たり
◎自分をしっかり持っていることが周りに伝わる

というメリットがあるんです。

なので、あなたの持つ首尾一貫を完全に捨てるのではなく、
「あなたらしく」働き方を見つけられるような行動が大切です。

そのためにもまずは、
あなたの首尾一貫する志とマッチする働き方を見つける行動のために
数多くのキャリアサポートをして面接対策を行っている
現役の転職エージェントに相談してくださいね。

20代30代のための転職・キャリアサポートのキャリサポ

 
最新の記事を見る