バイトのままでも正直問題ナシ?

「正社員希望だったけど、とりあえずバイトで働きはじめた」

「残業が嫌だし、自分の時間を自由に使えることが魅力だから派遣社員を選択した」

「家庭の事情で正社員のようなフルタイム拘束されることが難しいから、残業のないパートタイムが自分に合っている」
等々、

パートやアルバイト、派遣社員は融通が利くのでかけもちで別の職種で勤務する人もいるほど一定のニーズのある働き方です。

正社員を選択することがすべて正しいと取り立たされがちですが、それぞれの事情を理解し合うことが出来る働き方がベストですよね。

ですが、そもそも、転職する際にあまりこだわりがなかったために
転職サイトだと思って登録したのが派遣会社の登録サイトで、
そのまま派遣社員になってしまったというちょっと珍しい体験談も見受けられます。

ですが、2020年4月から改正した労働者派遣法によって
同一労働同一賃金が実現したことで派遣社員や、派遣先の企業に
その従来の働き方に大きな波紋を呼んでいます。

★そもそも同一労働同一賃金って?

 

同一労働同一賃金とは、2020年4月より派遣社員も正社員と全く同じの待遇を得られるという制度です。

同じ待遇はどんなものが挙げられるかというと、
分かりやすい賃金の他にもし正社員が

・入社や資格の研修を受けている

・住宅手当を受けている

・交通費全額支給されている

・社員食堂が設置されている

・ウォーターサーバーを自由に使える

・有給休暇が自由に取得出来る

・賞与(ボーナス)が与えられている

などの権利があったとしたら、
派遣社員も同じように権利として行使を認められるということです。

「正社員と同じように働いているんだから、
同じ待遇を得られるのは公平なことだ」

と、明るく、良いイメージ持てますよね。

ですが
同一労働同一賃金化によってまさにこの「全く同じにする」
という部分が派遣先の企業にとって大きな負担となってしまうって知っていますか?

★同じがマイナイス?同一労働同一賃金のここをチェック

同一労働同一賃金は先にお伝えした通り、格差を失くし派遣社員も正社員も全く同じ
待遇を定めるものです。

ですが、そもそも派遣社員を雇用するために
派遣会社にマージンを支払っているので、派遣先の企業はつまり

【通常の従業員の給与+派遣会社へのマージン】

このふたつのコストが派遣社員にかかってしまうことになります。

コストがかさんでしまうと、既存の従業員の給与も払えず
会社自体の経営も困難になってしまいます。

そのため、人件費削減のためにこれまで派遣社員を雇用していた企業も
同一労賃金同一が実施されてしまうと派遣社員であるメリットが見込めなくなってしまいます。そのため、派遣社員を雇止めする対策をするなど、人事の見直しが行われるようになったのです。

その他にも企業側は派遣社員を雇用にするために新たに派遣法を熟知して正しく
運用しなくてはなりませんし、抜け穴としてより安価で派遣社員を雇用したいがために
正社員とは違う単調な業務ばかりに割り振ることで派遣社員はやりがいを得たりキャリアアップするチャンスが失われてしまうかもしれません。

ですので、同一労働同一賃金によってメリットがあるようで
派遣社員や派遣先の企業にとって新たな問題を生む可能性があるということですね。

★これまでと同じ派遣制度じゃない…キャリアアップはどうすればいいの?

派遣切りや雇い止めは昨今の新型コロナウィルスの影響の経営不振の影響だけではなく、
同一労働同一賃金も一端を担っていることを簡単にご説明させていただきました。

時間的に自由度が高く、かけもちなども可能な部分が
派遣社員を選択する魅力でしたが、逆にリスクを抱えてしまう部分があることも周知していただければ幸いです。

また、同一労働同一賃金の実施によってやはり企業としっかり雇用契約を結んだ
正社員は福利厚生以外にも各種保障が整備されていることが実感できる機会となったのも事実です。

ですので、もしあなたが今、

「キャリアアップもしたいし、安定して働くためにも正社員を目指したくなった…」

「でも、そうは言っても今までの派遣社員としての実績を生かした転職・就職活動は出来るのかな…」

こんな不安を抱えてしまったとしたら
まずはキャリサポにご相談ください。

あなたの希望する職種にマッチング出来るよう、
ヒアリングを通して徹底的にサポートいたします。

お気軽に無料登録して、あなたのキャリアアップ転職やキャリアチェンジ転職の不安を
解消してくださいね。

最新の記事を見る