ストレス解消出来る5つのコツ

私たちは、普段から理不尽なストレスと緊張に縛られています。
 
例えば、小さな頃に
「あなたはお姉ちゃん(お兄ちゃんだから)…」と
厳しく叱られたことはありませんか?
 
「嫌だな」「好きでなったワケじゃないのに」と
理不尽さにイライラしたり、落ち込んでしまった経験はありませんでしたか?
 
突然責任がある立場にされてしまったり、
いい子でいないといけないというプレッシャーはじわじわと気持ちを追い詰めていきます。
 
少し話は変わりますが、2020年9月17日現在、
日本の内閣官僚がG7で最低の「女性2人のみ」ということでも話題になりました。
 
「女性だから男性を立てなくちゃいけない」とか、逆に
「男性だから家族を養うだけ必死に働かなくちゃいけない」という
そんな目に見えないプレッシャーも同じです。
 
目に見えない理不尽なプレッシャーは心を摩耗してしまいます。
そんな不可抗力なストレスから自分を守るためには何をしたらいいと思いますか?
 
実は、自分をストレスやプレッシャーから守る手段として最も有効なものの1つが
「睡眠」なんです。
 
そんなストレスやプレッシャーから解放させるために大切な、睡眠について詳しくお話しますね。
 

ちゃんと眠ってる?6時間以上の睡眠って本当に必要?

あなたは、プレッシャーやストレスから解放されるために

「睡眠ってそんなに大事なの?」と思ったかもしれません。

睡眠といえば
「土曜日に12時までたっぷり寝だめ」「最低6時間眠ればOK」

等々、
忙しかったり、残業や早出で
睡眠時間が確保出来ないと
つい慢性的に短い睡眠時間や
休日に寝だめするなど、実はないがしろにされがちです。

ですが、そんな日は目覚めると
一日中だるかったり、集中力が出なかったり
頭痛がして気分が優れなかったことはありませんか?

この原因は夜眠っている間に
身体の細胞全体が栄養によって
修復しているために起こっています。

起きて活動している間は
血液は脳に集中しています。

ですが、眠っている間だと
血液は体中を巡り傷を修復したり
新しい細胞を作るなどにあたるのです。

眠ってから6時間ほど体の修復にかかるので
この6時間をきると肌荒れにも繋がると
言われています。

ストレスや体の疲れから解放させるためにも、可能な限り6時間以上の睡眠を取ることで、心身ともにスムーズな自己修復の時間にあてられ、

目覚めた瞬間やる気に充ち、頭もスッキリした状態になれるというわけですね。

これは、実はオックスフォード大学の「世界一受けたい授業」でも話題になりました。

自分のメンタルを回復させたり、精神を安定させるためには「良質の睡眠をとる」ということはとても重要です。

そのために、5つのポイントを今日からでも取り入れてくださいね。

↓ ↓ ↓

プレッシャーからの解放…深い眠りを得るための5つのコツを取り入れて

1.眠る4時間前にカフェインを控える

カフェインは脳を刺激する作用があるので
眠りよりも目覚めさせる効果があります。
眠る前の4時間前、20時などに
喉が渇いた場合はノンカフェインのハーブティーやホットミルクがおすすめです。

2.締め付ける服装を避ける

きついインナーを着て眠ると
血液の流れが悪くなり、深い睡眠を得られにくくします。
綿のパジャマなど、ゆったりした服を着てベッドに入りましょう。

3.ストレッチ、ヨガなどの軽い運動をする

汗が出ない、息が上がらない程度の
運動をして体の体温をアップさせましょう。
体温が下がる時に眠気が訪れます。
逆に激しい運動だと体温が上がり、
脳も興奮してしまうので控えましょう。

4.眠る1時間前には間接照明に切り替える

深い眠りに必要な「メラトニン」のホルモンは
瞳に入る光の量が減ることで
分泌されやすくなります。
ですので、蛍光灯の強い光ではなく
間接照明をつけてくつろぐことがおすすめですよ。

5.難しい内容の本を読む

学校の授業でもどうしても
眠くなる時はありませんでしたか?
これは、人間の脳の仕組みは
難しい内容や物事に出会うと
「休みたい」というスイッチが入るためです。

kindleやスマホだとブルーライトで
目が冴えてしまったり、続きの気になる漫画などだと
逆に夢中になって眠気が飛んでしまうので
気を付けてくださいね。

今日からでもすぐに試せるものばかりなので
ぜひ取り入れてみてください。

睡眠は心身ともに休息を得るために
必要なものなので、20代だから…と
夜更かしを続けていると
肌荒れをしたり、身体にだるさを感じたりなど
ポテンシャルが発揮できなくなってしまいます。

スッキリ眠ってリフレッシュしたら、問題解決を仕事のプロに相談してみて

しっかり休みを取る時間がなくて
休日はずっと寝てしまうと、気持ち的に後悔したり、逆に体調不良になるという体験談も散見されます。

あなたも強いプレッシャーとストレスで生活リズムが乱れていたり、やりたいことも出来ない状態が続いていませんか?

仕事のことが頭から離れない場合は、思い切って環境を変えることも検討してみてください。

今の時代、仕事を変えることは当たり前のことです。かつては身分制度や、家を継ぐという制約がありましたが、現在、自分にマッチする環境は自分で選べるのです。

例えば、あなたのライフワークに合った
ぴったりの企業を探しているとしたら、

キャリアアドバイザーのカウンセリングを通して、

約6000案件の求人から
キャリサポの転職エージェントが
ご紹介いたします。

まずは睡眠で身体を整えることを第一に、
そしてリフレッシュしたマインドを持つことが出来たら、あなたの現状を見つめ直してみてください。

あなたの大切なキャリアを諦めないためにも
ご連絡をお待ちしています。

最新の記事を見る