「この人と働きたい」と思われる特徴

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

転職活動をしているなら、希望企業に「この人と働きたい」と思われたいもの。

今回の記事ではそんな面接で好印象を得られるポイントを紹介します。

まず第一印象は会った瞬間の数秒で決まる

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

初めて会った相手の印象は数秒で決まってしまうと言われています。

印象というと「外見」「身だしなみ」が思い浮かびますよね。もちろん、この2つも大切な要素ですがもうひとつ大切な印象が
「挨拶」です。

例えばもし、あなたが飲食店で店員さんの愛想が悪かったり来店しても何の反応もないと不安に感じてしまいませんか?どんなに料理が美味しくても、態度の悪い店員のいるレストランにはマイナス評価をつけがちではないですか?

転職面接でも、同じで「やる気」や「スキル」「能力」以外に「人間性」を見られています。

逆に「面接」というプレッシャーを感じすぎず笑顔で目を見て挨拶することを意識することで緊張が解けたり
心を開くことがカンタンになります。

たとえ自分の経歴に自信がなくても「挨拶」ひとつで面接官の印象は変わるかもしれません。

転職の面接に関わらず、挨拶の基本は
■元気
■姿勢
■目線

この3つを意識すればOKです。大きな声も自信や親しみを覚えることが出来るのでとても大切ですよ!

挨拶の基本は家族や友人など日常生活のコミュニケーションにも十分活用出来るので今日からでもぜひ身に着けて損のないポイントです。

質問に答える時、自分から心を開いていますか?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

良く見せよう、うまく面接をこなそうと気負ってしまうことで
面接官にも警戒されたり、自分がしてしまったりとネガティブな空気をかもしだしてしまいます。

質問に心を開かないで自分を出せないと面接官の印象にも残りません。

でも、そうは言っても「心を開く」って言っても
とても難しく考えてしまったり、コミュ障の自分には出来ない。。。と不安に感じてしまうかもしれませんね。

そんな時は
「自分の感情や気持ち、考えを素直に自分の言葉で伝えること」
受け取っていただければと思います。

素直な気持ちは表情と連動しているので興味があることは笑顔になったり、悔しかったことは辛い表情になってあまり良く思われないと考えてしまいがちですが感情と言葉が合わさることでより面接官の印象に残りやすくなりますよ。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーのアドバイスを見てみる

TPOに合った服装で転職面接に挑んでいますか?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

私服可だったりオフィスカジュアルなど各企業によって面接時の服装条件が異なります。

「どんな格好をしていけば良いんだろう」
と悩んでしまいますがポイントとして「身だしなみはあなたの自己表現」としてとても重要な役割を持ちます。

ですが、身だしなみの表現を判断するのはあなたと出会った人に委ねられます。

清楚な身だしなみなら真面目で協調性があると思われたり、「この人はTPOに合わせて服装を選ぶことが出来るんだな」と信頼を得ることが出来るのです。

また、身だしなみを苦痛に感じたりもっと個性を表したいと感じる部分もあるかと思いますが身だしなみは相手を不快にしないためのとても大切なマナーです。

あなたの人柄を知ってもらうためにまずはTPOに合わせ、あなたの面接の邪魔をしない服装を心がけましょう。

自分の姿勢や歩く時の様子を見たことがありますか?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

颯爽と歩くモデルや俳優にそれだけで好感を持ったことはありませんか?気の緩んだ姿勢はどうしてもだらしないように思われたりしがちです。

面接の時以外にも常に誰かに見られているという意識がとても重要です。

自粛中に企業のリモート研修で姿勢が悪いことを上司に注意され揉めてしまったという体験談も散見されます。ですが、日ごろモデルや俳優など、あなたが姿勢が良いと感じる人のしぐさを意識するだけでも

相手に好感度を高めることは可能ですので自然に体が動くように真似ることからスタートしてみてくださいね。

今の言葉遣いに自信はありますか?

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

面接官とコミュニケーションをはかるには会話が必要ですよね。
言葉遣いは、もうひとりのあなたとも言えます。

言葉遣いはアナウンサーのように滑らかに話せるという以外に、伝えたいことをしっかり伝えられることも意味します。失敗談として自己PRを頑張って話したのに全然手ごたえがなく面接に落ちてしまったというものがあります。

この場合、「自分は今まで営業をやっていました商品もかなり売れましたもっとこのスキルを伸ばすために御社で働きたいと思いました」

という言い方をしてしまうとあなたがこれまで行ってきたことが
明確にイメージできず、面接官になかなか響かないとなってはもったいないですよね?

もし、あなたが明確な実績を持っているとしたら、面接時には具体的な数字をあげることで
会話のなかでイメージしやすく目的も明確に表現することが出来ます。

言葉は弱点にも武器にもなる…転職面接で活用するには

20代・30代向け転職エージェント「キャリサポ」

20代、30代の転職の場合あまり自分の強みや長所を見つけにくいというお声が届きます。

あなたが苦手だったり、自分の弱点という部分も見方によっては企業に魅力に映ることも
ありますので、これまでのキャリアについてしっかり自己分析することが大切です。

でも、そうは言っても「自分の強みなんて分からない…」「面接だといつも緊張して本来の自分が出せない…」
という時は

まずは20代・30代に特化した転職エージェントやキャリアアドバイザーにカウンセリングを受けることがおすすめです。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーをもっと詳しく見てみる

あなたにマッチする企業を案内するとともに履歴書の作成や面接対策など自信を持って一歩を踏み出すサポートをいたします。

どんな些細なキャリアの悩みも無料カウンセリングを行っているのであなたのご連絡をお待ちしています。

⇒1万人以上の選考対策実績のキャリアアドバイザーをもっと詳しく見てみる

 
最新の記事を見る