本当に「3年」続けるべき? 即転職のデメリットとは

※この記事では転職活動の際にデメリットとなる
悩みを解消するコンテンツを紹介しています。
 
 
「今日も依頼されてた書類に
グラフを1つ入れ忘れて、
つまらないミス報告をする羽目になった…
どうしてケアレスミスしてしまうんだろう?」
 
「施策でやることが多くて
今日も自分は残業だ…
いつも退館が最後になってしまっている…」
 
あなたがもしこんな風に
毎日仕事で憂鬱に感じていたとしたら、
ついつい転職について考えてしまっていませんか?
 
仕事の悩みを親に相談したら
「石の上にも3年だから3年は転職しないで」
引き留められた、
という体験談を散見しますが、
あなたも耳にしたことがあるかもしれません。
 

★そもそも石の上にも三年って
どういう意味?

 
「石の上にも三年」とは
 
冷たい石の上に座っていても
座り続けることで暖まってくるので
何事もすぐに諦めなければ
希望が見えてくるという意味のあることわざ
 
このことわざがきっかけか諸説ありますが、
現代でも「とりあえず三年は仕事を続けよう」
と考える人は少なくありません。
 
ですが、もしあなたが
今すぐにでも就職・転職活動を考えているとしたら、
この「石の上にも三年」は
本当にふさわしい考え方になるでしょうか?
 

★結局3年続けるのはキャリアアップに有効?
NGな場合は…

 
ですが、どうしても
今の仕事に漠然と不安を感じてしまったり、
やりがいを見つけられなくなった場合、
 
「石の上にも三年」いるより、
真っ先に「転職」という
ワードが頭をよぎってしまいますよね。
 
今の仕事を退職したことで、
水を得た魚のように
全力で仕事に取り組めたら最高です。
 
ですが、転職によって
職場環境が変わってしまうことで
仕事に集中する他に
クリアしなければならないものは多々あります。
例えば、
 
◆職場においての人間関係
◆企業全体の指標
 
などが考えられるでしょう。
新しい環境になると
待遇の他に、取引先を含めた
人間関係が新たに構築する必要があります。
 
慣れるまでに時間がかかる場合もあるので、
業務に影響が出かねません。
 
また、しっかりと企業全体の
目標としている数値や
行われている施策を知ることも
必須になります。
 
なぜなら、理解出来ていなかったり、
「自分には関係ない」と
興味を持てないでいると、
そもそも転職活動を行うきっかけになってしまった
「ケアレスミス」や「不要な労力で残業」するという
事態を招きかねないのです。
 

★ミスや残業はどうして起こる?
 重要なものは「◎◎◎◎」の見極めだった

 
 
例えば、あなたが毎日窓から侵入する
「蚊」のせいで夜も眠れず、
神経をすり減らして困っている状況にいるとします。
 
そういった場合、
窓を開け放たれたまま、
蚊が入ってきたときに
ハエ叩きを振り回しているだけだと、
 
ひたすら疲れてしまう上に「蚊」も
根本的に退治することは出来ません。
 
ですので、まずは窓を閉めて、
次の「蚊」が入らないようにしてから
部屋の中の「蚊」を退治することで
トラブルを解消することが出来るでしょう。
 
これは、実は
仕事においても同じことが言えます。
ミスや残業が続いてしまった時に
見極めが必要になります。
つまり「優先順位」です。
 
タスクを同時並行で行うより、
「まずは窓を閉める」など、
施策や問題で解決すべきものから
着手することで、対策を立てやすくなります。
 
さらに、
企業に在職している期間が長いほど、
一連の業務の流れも体感出来ているので
新しい職種や職場でキャリアチェンジすることで
開かれる可能性ももちろんありますが、
 
現職でこれまで培ったのノウハウを生かした
キャリアアップするチャンスを
得やすいのです。
 
業務でも優先度を決めることで
主観的にものごとを見れるようになり、
 
「今自分の仕事は何の目的で
行われているのか」明確に出来ますので、
ただ冷えた「石の上にも三年」漠然と
過ごすのではなく、
自分で心地よくステップアップ出来る
環境を作り出すことが可能です。
 
すぐにでも取り入れてくださいね。
それでも、あなたが
自分のキャリアにとって「優先順位」を
付けられない状況や悩みがあるとしたら、
いつでも「キャリサポ」の
専任キャリアアドバイザーにご相談ください。
 
 
 
 
現職での不安はもちろん、
ステップアップについて
ヒアリングを通し全力で支援しています。
辛い「石の上にも三年」を過ごさないためにも
いつでもご相談をお待ちしています。
さらにおすすめ記事を見る